第61回グラミー賞「ディス・イズ・アメリカ」最優秀レコード賞 受賞一覧

第61回グラミー賞授賞式が10日、ロサンゼルスのステープルセンター(Staples Center)で行われた。司会は、アリシア・キーズ(Alicia Keys)。

最優秀アルバム賞は、ケイシー・マスグレイヴスの「Golden Hour」が受賞。マスグレイヴスは合計4部門受賞。
アメリカの銃社会や警官による暴力を風刺したチャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino、ドナルド・グローヴァー) の「ディス・イズ・アメリカ」(This Is America)が、最優秀レコード賞と最優秀楽曲賞など4部門を受賞。
チャイルディッシュ・ガンビーノは、ラップで初めて最優秀レコード賞を受賞したが、授賞式は欠席した。
レディー・ガガは、『アリー/スター誕生』のshallowとJoanneで2部門を受賞。
カーディ・Bは、「Invasion of Privacy」でソロの女性アーティストとして初めて最優秀ラップアルバム賞を受賞。
最優秀新人賞はデュア・リパ (Dua Lipa)。
オープニングではミシェル・オバマ前大統領夫人がサプライズ投票し、スピーチを行った。

第61回グラミー賞受賞一覧

最優秀レコード賞(Record of the Year)
チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino) -「ディス・イズ・アメリカ」 This Is America

最優秀アルバム賞(Album of the Year)
ケイシー・マスグレイヴス (Kacey Musgraves) – Golden Hour

最優秀楽曲賞(Song of the Year)
チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino) –「ディス・イズ・アメリカ」 This Is America
話題となったミュージックビデオは、日本人のヒロ・ムライ(Hiro Murai)氏がディレクションを担当した。

最優秀新人賞(Best New Artist)
デュア・リパ (Dua Lipa)

最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス(Best Pop Solo Performance)
レディー・ガガ (Lady Gaga) – Joanne (Where Do You Think You’re Goin’?)

最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞(Best Pop Duo/Group Performance)
レディー・ガガ & ブラッドリー・クーパー (Lady Gaga and Bradley Cooper) – Shallow

最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・アルバム賞( Best Traditional Pop Vocal Album)
ウィリー・ネルソン (Willie Nelson) – My Way

最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞(Best pop album)
アリアナ・グランデ (Ariana Grande) – Sweetener

最優秀ダンス・レコーディング賞(Best Dance Recording)
シルク・シティ&デュア・リパ – Electricity

最優秀エレクトロニック/ダンス・アルバム賞(Best Electronic/Dance Album)
ジャスティス (Justice) – Woman Worldwide

最優秀コンテンポラリー・インスツルメント・アルバム賞( Best Contemporary Instrumental Album)
スティーヴ・ガッド・バンド(Steve Gadd Band)

最優秀ロック・パフォーマンス賞(Best Rock Performance)
クリス・コーネル (Chris Cornell) – When Bad Does Good
2017年5月に自殺した サウンドガーデンのクリス・コーネル(52)が受賞した。

最優秀ロック・アルバム賞 (Best Rock Album)
グレタ・ ヴァン・フリート (Greta Van Fleet) – From the Fires

最優秀メタル・パフォーマンス賞(Best Metal Performance)
ハイ・オン・ファイア (High on Fire) – Electric Messiah

最優秀ロック楽曲賞(Best Rock Song)
セイント・ ヴィンセント (St Vincent) – Masseduction

最優秀オルタナティヴ・ミュージック・アルバム賞(Best Alternative Music Album)
ベック (Beck) – Colors

最優秀リズム・アンド・ブルース・パフォーマンス賞(Best R&B Performance)
ハー (H.E.R.)Featuring Daniel Caesar-Best Part

最優秀トラディショナル・リズム・アンド・ブルース・ヴォーカル・パフォーマンス賞 (Best Traditional R&B Performance)
リオン・ブリッジズ (Leon Bridges )– Bet Ain’t Worth the Hand
PJ モートン ft イェバ (PJ Morton ft Yebba) – How Deep Is Your Love

最優秀リズム・アンド・ブルース楽曲賞(Best R&B Song)
エラ・メイ (Ella Mai) – Boo’d Up

最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバム賞(Best Urban Contemporary Album)
カーターズ (The Carters) – Everything Is Love

最優秀リズム・アンド・ブルース・アルバム賞(Best R&B Album)
ハー (H.E.R.)– H.E.R.

最優秀ラップ・パフォーマンス賞(Best Rap Performance)
ケンドリック・ラマー, ジェイ・ロック, フューチャー & ジェイムス・ブレイク (Kendrick Lamar, Jay Rock, Future and James Blake) – King’s Dead
アンダーソン・パーク(Anderson .Paak) – Bubblin

最優秀ラップ/スラング・パフォーマンス賞(Best rap/sung performance)
チャイルディッシュ・ガンビーノ (Childish Gambino) –「ディス・イズ・アメリカ」 This Is America

最優秀ラップ楽曲賞 (Best Rap Song)
ドレイク (Drake) – God’s Plan

最優秀ラップ・アルバム賞(Best Rap Album)
カーディ・B (Cardi B) – Invasion of Privacy

最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンス賞(Best Country Solo Performance)
ケイシー・マスグレイヴス (Kacey Musgraves) – Butterflies

最優秀カントリー・デュオ/グループ・パフォーマンス賞(Best Country Duo/Group Performance)
ダン・シェイ (Dan + Shay) – Tequila

最優秀カントリー楽曲賞(Best Country Song)
ケイシー・マスグレイヴス (Kacey Musgraves) – Space Cowboy

最優秀カントリー・アルバム賞(Best Country Album)
ケイシー・マスグレイヴス (Kacey Musgraves) – Golden Hour

最優秀アメリカーナ・アルバム賞(Best Americana Album)
ブランディ・カーライル (Brandi Carlile) – By the Way, I Forgive You

最優秀ラテン・ポップ・アルバム賞(Best Latin Pop Album)
クラウディア・ブラント (Claudia Brant) – Sincera

最優秀製作者賞(非クラシック) (Producer of the Year, Non-Classical)
ファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)

最優秀ニューエイジアルバム賞(Best New Age Album)
オピウム・ムーン(Opium Moon)

最優秀ジャズ・インプロバイズド・ソロ賞(Best Improvised Jazz Solo)
ジョン・デイヴァーサ(John Daversa, soloist)-DON’T FENCE ME IN

最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム賞(Best Jazz Vocal Album)
セシル・マクロリン・サルヴァント(Cécile McLorin Savant)-THE WINDOW

最優秀ジャズ・インスツルメンタル・アルバム賞(Best Jazz Instrumental Album)
The Wayne Shorter Quartet – EMANON

最優秀ラージ・ジャズ・アンサブル・アルバム賞(Best Large Jazz Ensemble Album)
ジョン・デイヴァーサ(John Daversa)ビッグバンド・フューチャリング・DACAアーティスト-AMERICAN DREAMERS: VOICES OF HOPE, MUSIC OF FREEDOM

最優秀ラテン・ジャズ・アルバム賞(Best Latin Jazz Album)
BACK TO THE SUNSET – Dafnis Prieto Big Band