マズすぎる?NYで移民の食事1億円分が破棄される

48

ニューヨーク市の移民に提供された食事が手をつけられないまま、大量に破棄されているという。

ニューヨークタイムズは、食事を提供する医療サービス企業DocGoの内部資料をもとに、1日最大で5,000食が破棄されていたと報じた。同社は約4,000人の移民に1日3食を提供しており、市から1日1人あたり33ドルが支払われているという。資料には、10月22日から11月10日の間で、7万食以上が「破棄された」と記録されていた。

破棄された食事代は20日間で77万6,000ドル(約1億1,000万円)で、これらはすべて市の税金で賄われている。

メニューは、パンケーキやドーナツ、クッキー、トルティーヤのフライ、サンドイッチ、チキンなどが提供されている。

タイムズは破棄される原因の一つに、品質に問題があると指摘。食事にカビが生えていたり、食後に体調が悪化する人がいたりするという。そのため、ホテルの部屋で調理する人のほか、地元のベンダーが提供する料理を自ら買い求める人もいる。

Advertisement

かつて四つ星だった「ルーズベルトホテル」に滞在するベネズエラ出身の男性は、ニューヨークポスト紙の取材に「(提供される)食事が好きな人はいない。正直言ってまずい」と答えた。ある母親は、子供に与えるには「甘すぎる」「卵と果物以外に健康的な食事が含まれていない」「冷え切っており、温めることができない」と語った。ホテルの部屋に炊飯器や鍋を持ち込み、スーパーで購入したパスタや米を調理しているという。

なおDocGoは、入札なしで市と4億3,200万ドルの契約を締結したとして、その過程が問題視されている。

移民対策が予算圧迫

昨年春以降、南部国境を越えてニューヨーク市に到着した難民申請希望者の数は13万人に達した。市は今後2年間の移民対策費用として、110億ドル(約1.5兆円)を見込んでいる。

移民対策の費用が膨張する一方、他の部門は予算の削減を求められている。市長室は先月、「税収の伸びは鈍化し、新型コロナウィルスの景気刺激策の資金が枯渇」していることから、教育や警察部門などの予算を削減する計画を明らかにし、関係者や市民から反発の声が上がった。

食事が破棄されている問題に関して、ネットでは「食事代として現金を渡した方が費用が抑えられるのでは」といった提言や、「ホテルで調理して火事の心配はないのか」など安全性への懸念、「有能なリーダーがいなくて残念」といった声が上がっている。