米小売最大手のウォルマートは、動物虐待を理由にタイのチャオコーブランドのココナッツ・ミルクの取り扱いを停止した。FOXビジネスなど複数メディアが伝えた。

アニマルライツの擁護団体PETAによると、2019年と2020年に行ったタイのココナッツ産業に関する調査では、主要な生産者らの間でココナッツの収穫のために猿が労働力として使用され、チャオコーなどに売られ続けていることが判明した。

同団体によると、これらの猿は幼い頃に捉えられ、金属製の首輪をつけられて長期間鎖につながれる。自由な身動きや他の猿との交流など、重要な活動を奪われることで、ゆっくりと正気を失い、ひっきりなしに歩き回るようになるという。

若い猿が重量のあるココナッツを木から落ちるまでねじるといった「ストレスのたまる難しいタスク」を強制させられ、抵抗する猿が犬歯を抜かれるケースもある。より多くの収入を得るために、猿を「サーカススタイルのショー」に参加させるトレーナーもいるという。調査員によって、かろうじて向きを変えられるほどの小さなケージで運ばれる猿や、ピックアップトラックの荷台で、鍵のついたケージの中に置き去りにされた猿も目撃された。

Chaokoh Coconut Milk

PETAの呼びかけに応じて、これまでにウェグマンズやコストコ、フード・ライオン、ターゲットといった大手を含む26,000店以上が、チャオコーとの取引停止を約束したという。日本では現在、カルディや成城石井などで販売されている。