ユナイテッド航空で負傷した男性の家族と弁護士が会見、提訴を示唆

シカゴのオヘア国際空港でユナイテッド航空から引きずり降ろされ、負傷した男性、デビッド・ダオ(David Dao)氏の娘Crystal Dao Pepperさんが、弁護団と共に、記者会見を行った。”理不尽な強制と暴力によって、ダオ氏を機内より排除した”ことで、ユナイテッド航空を提訴する可能性を示唆した。


映像:Time紙 Facebookより(https://www.facebook.com/time)

クリスタルさんは、インタビューで「父が引きずられるビデオを見て、本当に恐ろしく、大きなショックを受けました。私たち家族にとって、特に父にとってつらい日が続いています。
なぜこのようなことが起こったのか、どのような状況においても、どの人間に対しても、また将来も、このようなことが二度と起こってはならないと思っています。」と語った。

弁護士のThomas Demetrio氏によると、ダオ氏は、二本の前歯が折れ、鼻を骨折。重い脳震盪(のうしんとう)で苦しんだという。ダオ氏は、昨晩退院したが、記憶障害の症状や、副鼻腔にも問題が見られる。また、今後手術も必要になるだろうと付け加えた。

トーマス弁護士は、定員数を超えて予約を受け付ける「オーバーブッキング」問題の解決にもアプローチしたいと主張。「アジア人への人種差別にあたるケースと考えますか?」との質問には、ダオ氏自身は、人種がこの問題に影響を与えたとは思っていないと回答。弁護団は、全ての人々が公平に扱われること、尊敬や尊厳を求めていますと発言した。

トーマス弁護士は、シカゴでは有名な、障害事件を専門にする弁護士。訴訟の可能性について質問を受け、「はい、恐らく」と回答した。