ホーム ニュース ニューヨーク 自由の女神ミュージアム5月...

自由の女神ミュージアム5月16日開業。完成当時のトーチ展示

自由の女神像がそびえ立つリバティー島(Liberty Island)に5月16日、新たな博物館「自由の女神ミュージアム」(Statue of Liberty Museum)がオープンする。

Statue of Liberty Museum
©FXCollaborative

島の西側に建てられた2,400平方メートルの博物館内には、1886年完成当時のトーチ(たいまつ)が展示される。トーチは1986年に交換されるまで、100年間掲げられていた。
オリジナルトーチは台座部分で展示されていたが、2001年アメリカ同時多発テロ事件以降、テロの標的とされる恐れから、入場禁止や人数制限されており、観光客がトーチを見る機会は大幅に減少していた。

©FXCollaborative

博物館には、女神像の内側や起源などが学べる体験型の「イマーシブシアター」や、女神像をデザインしたフランスの彫刻家フレデリック・オーギュスト・バルトルディ(Frédéric-Auguste Bartholdi)の創造プロセスを紹介する「エンゲージメントギャラリー」などが併設される。
入場料は無料。(リバティー島とエリス島へのフェリーチケット大人18ドルが必要となる)

- Advertisement -

博物館は、デザイナーのダイアン・フォン・ファステンバーグ氏を中心に、ジェフ・ベゾス米アマゾンCEOや前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏ら民間基金で賄われた1億ドル(約110億円)の美化プロジェクトの一環として設立された。
展示はESIデザイン(ESI Design)が、建物はFXコラボレーティブ(FXCollaborative) が設計を行った。

Statue of Liberty Museum
www.libertyellisfoundation.org

TOP STORIES