ホーム ニュース エンターテイメント ロバート・レッドフォード ...

ロバート・レッドフォード 次回作で俳優業を引退へ

名優ロバート・レッドフォード(Robert Redford)は、9月全米公開の映画「オールド・マン・アンド・ザ・ガン」(THE OLD MAN AND THE GUN)を最後に俳優業を引退すると、エンターテインメント・ウィークリー(Entertainment Weekly)に語った。

インタビューで、ロバート・レッドフォードは「演技に関して言えば、これでおしまいだという結論に至った。この後は引退の方向に進むだろう。21歳の時から演じ続けてきたからね。」と述べ、「もう十分だと思ったんだ。アップビートでポジティブなもので、終わりにするのも悪くないかな。」と回答し、「オールドマン」への出演がこの結論に至るきっかけにもなったとしている。

「オールド・マン・アンド・ザ・ガン」


映画「オールド・マン」は、実在の銀行強盗を描いたドラマで、ロバート・レッドフォードは、60年以上にわたり強盗を続けたタッカー(Tucker)役を演じた。タッカーは生涯で17回強盗をはたらき、その都度、逮捕、投獄、脱獄を繰り返した人物だ。
タッカーに関してロバート・レッドフォードは、「彼は捕まるのが嫌いじゃなかったんじゃないかな。だから、逃げるという人生のリアルなスリルを楽しめたんだと思う。」と語っている。
キャストには、シシー・スペイセク(Sissy Spacek)、ダニー・グローヴァー(Danny Glover)、トム・ウェイツ(Tom Waits)、ケイシー・アフレック(Casey Afflec)らが名を連ね、トロント国際映画祭で上映され、9月29日に米国での公開を予定している。

ハリウッドのレジェンド

- Advertisement -

現在81歳のロバート・レッドフォードは、60年代からテレビや映画会で60年以上俳優として活躍しており、「大統領の陰謀」(All the President’s Men)、「明日に向って撃て!」(Butch Cassidy and the Sundance Kid)、「スティング」(The Sting)、「追憶」(The Way We Were)、「華麗なるギャツビー」(The Great Gatsby)などの代表作がある。

また、1980年には「普通の人々」(Ordinary People)で監督デビューを果たしており、アカデミー監督賞を獲得した。
クイズ・ショウ(Quiz Show)や、ブラッド・ピッド主演の「リバー・ランズ・スルー・イット」(A River Runs Through It)、「モンタナの風に抱かれて」(The Horse Whisperer)など監督、プロデュース作品も数多い。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES