Advertisement
ホームニュースヘンリー王子が暴露本?ウィ...

ヘンリー王子が暴露本?ウィリアム王子の心境は

ヘンリー王子の回顧録出版の発表に、王室内で動揺が走ったという。

ヘンリー王子は19日、米出版大手のランダム・ハウスから2022年後半に「私的で正直な回顧録」を出版することを明らかにした。

声明では「英王室に生まれた王子としてではなく、一人の男性として執筆をしている」と述べ「これまで何年にも渡ってたくさんの帽子をかぶってきた。言葉どおりの意味でも、象徴的な意味でも。書籍を通じて、自分の物語ーー良い部分と悪い部分、過ちや教訓ーーを伝え、出自がどうあろうと、読者と共有できる思いがたくさんあることを示したい」と語った。

ランダムハウスは「王子を形作った経験と冒険、失ったものや人生の教訓」を綴った初めての回顧録と説明。子供の時代から現在までをカバーし、2度のアフガニスタン派遣や夫、そして父親としての生活に見出した喜びが描かれると発表した。

US Weeklyによると、ある情報筋は、この発表について、王室内で動揺が走り、特にチャールズ皇太子(72)とウィリアム王子(39)が、王室批判を繰り返しているヘンリー王子が「どんな内容を暴露するのかと懸念をしている」と話した。二人は書籍の内容をまだ把握しておらず、何が書かれるか予測もできていないことで、「余計に神経を尖らせている」のだという。

今年、公務から引退したヘンリー王子とメーガン妃は3月、インタビュー番組に出演。メーガン妃が自殺を考えるまでに追い詰められたことや、王室内の人種差別の問題を示唆する発言が話題になった。また5月に配信を開始したApple TV+のシリーズ「The Me You Can’t See」で、ヘンリー王子は、チャールズ皇太子について「自分が苦しんだからと言ってその子供まで苦しむ必要はない。むしろその逆」「自分が苦しんだなら、その経験、ネガティブな経験を子供に味わわせないように最大限努力すべき」と辛辣なコメントをした。

契約金は明かされていないが、PageSixは前受け金は2,000万ドル(22億円)に上ると伝えている。同サイトはまた、関係者の話として、ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストで作家のJ・R・モーリンガー氏が、ゴーストライターを努めると報じた。

モーリンガー氏は過去、テニス界のレジェンド、アンドレ・アガシやナイキの共同創業者のフィル・ナイトの回顧録を執筆した。また2005年に出版した自身の回顧録「The Tender Bar」は、ジョージ・クルーニー監督による映画化が決定し、今年3月に制作がスタートしている。

TOP STORIES

What's New