ホーム ニュース 政治 動物虐待を連邦犯罪に 米超...

動物虐待を連邦犯罪に 米超党派議員 法案提出

フロリダ州選出のテッド・ドイチ(Ted Deutch)下院議員(民主党)とバーン・ブキャナン(Vern Buchanan)下院議員(共和党)は23日、アニマル・クラッシングを連邦法の重罪とする”動物虐待および拷問防止法( Preventing Animal Cruelty and Torture (PACT) Act)を提出した。

アニマルクラッシングとは、動物を火で焼く、溺れさせる、窒息させる、または重傷を負わせるなどの虐待行為を指す言葉で、同法案は2010年に成立した「アニマルクラッシュビデオ禁止法」を強化するものと位置付けられる。違反した場合、最長7年の懲役と罰金が科される。

ビデオ禁止法では、動物虐待を収めたビデオの製作、流通が連邦犯罪に指定されたが、虐待行為そのものはカバーされていない。また動物虐待は一般的に各州法に基づいて裁かれているが、連邦犯罪とすることで、諸州間や政府所有の場所における虐待行為について、訴追が容易となる。

- Advertisement -

なお同法案では、狩猟や、人の生命または財産保護目的、故意でないものなどは対象外とされる。

PACTと同様の法案は、過去2回上院を通過している。前期下院では283名が共同提案者となって提出されたが、当時の司法委員会の委員長 ボブ・グッドラット議員(Bob Goodlatte)によって採決を拒否されたという。

法案提出を受け、州および政府レベルでの動物保護に関する規制を支援する社会福祉団体「Humane Society Legislative Fund」は声明を発表。「FBIは数十年前から、動物虐待が人間に対する暴力へとエスカレートする関係を認識していた。」と語り、「ドイチ議員とブキャナン議員は動物保護のすばらしい提唱者だ。忌まわしい虐待行為を根絶しようとする彼らに感謝する。」と支持を述べた。

TOP STORIES