Advertisement
ホームニュースNY市「レストランウィーク...

NY市「レストランウィーク」が完全復活

有名店のコース料理がお得に楽しめ、ニューヨーカーに人気のイベント「レストランウィーク」が、来週よりスタートする。
今回は、530軒の飲食店が参加。21ドルもしくは39ドルのランチやディナーのほか、一部の店舗では125ドルのスペシャルメニューを提供する。期間は7月19日から8月22日までの5週間。現在公式サイト(nycgo.com)で予約を受け付けている。

毎年夏と冬に開催されるイベントだが、昨年はパンデミックの影響で中止となった。今年1月には、テイクアウト版で再開した。
ニューヨークの飲食店は、先月から新型コロナウイルスに関する規制が全面的に解除されており、今回は店内飲食で完全復活を果たす。

デブラシオ市長は記者会見で「行きたいと思っていたレストランを試す素晴らしい機会」とアピール。地元の人々だけでなく、市外の仲間を誘って、ぜひ参加してほしいと呼びかけた。

「マスターカード」ユーザーは、ウェブサイトで登録し、39ドル以上を利用した場合、10ドルがキャッシュバックされる。さらにアメリカン航空のAAdvantageマイルが20万ポイントが当たるチャンスもある。

TOP STORIES

What's New