ホーム ニュース ビジネス 米、加熱するチキンサンド戦...

米、加熱するチキンサンド戦争にマックが新メニュー「スパイシーBBQチキンサンドイッチ」を投入。

米マクドナルドは、新たに「スパイシーBBQチキンサンドイッチ」を11日より発売することを発表した。

チキンサンドといえば、先月ポパイズが新メニューを追加したことをきっかけに、チックフィレイやウェンディーズなど、大手各社が自社のサンドこそがナンバー1だとして、SNSでバトルを繰り広げたことが記憶に新しい。ポパイズのサンドは発売直後からいまだに売り切れが続いており、腹を立てた客が賠償を求めて提訴したり、銃で店員を恐喝したりする出来事が発生している。

そんな市場の盛り上がりにタイミングを合わせたような新メニュー投下だが、リークされた内部資料から、市場では9月半ばに発売する憶測が流れていた。また同社はFoxニュースに対し、今年初めから数店舗で試験販売を行っていたことを明かしている。

- Advertisement -

発表によると、スパイシーBBQチキンサンドは「すべてホワイト・ミートから作るバターミルク・クリスピー・フィレ」をフィーチャー。「スパイシーなBBQ風味をトッピング」し、ピクルスと切り刻んだタマネギとともにセサミシードのバンズに載せてサーブする。

マックは同時に、スパイシーBBQ風味のクリスピーテンダー「スパイシーBBQグレイズドテンダー」も発売する。新メニューは9月11日から全米で期間限定で発売される。

TOP STORIES