ホーム ニュース ニューヨーク NYの人気宝石店に強盗。複...

NYの人気宝石店に強盗。複数カメラに犯行の一部始終

25日の午後、マンハッタンのダイヤモンド地区にある宝石店で強盗事件が発生した。現在、ニューヨーク市警察が容疑者3名の行方を追っている。

被害に遭ったのは、47ストリートと5と6アベニューの間にある「アビアーニ&カンパニー」(Avianne & Co)。歌手のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)や、ラッパーのニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)やコダック・ブラック(Kodak Black)や、リル・パンプ(Lil Pump)などのセレブリティーを顧客に持つ有名店で、SNSにもファンが多い。

26日にNYPDが公開した監視カメラの映像には、容疑者の顔が鮮明に映っている。机の下から拳銃を取り出し、従業員に向ける姿や、店員に店を案内させる姿に加え、従業員を床に伏せさせ、商品をダッフルバッグに入れる様子、47ストリートと5番街を歩く姿などが映っている。

- Advertisement -

警察によると、容疑者はスーツを着用し、客のふりをして店内に入ってきたという。ハットやバンダナ、ウィッグなどで変装をしていたが、マスクや手袋などは身につけていなかった。男性は、指輪を探しに来たと言って、椅子に座った後、拳銃を取り出した。また、ショーケースなどを開けるよう従業員に指示を出したという。

4人の従業員は、ダクトテープや結束バンドで縛られていたが、1人がそれを緩め、911に通報した。従業員に大きなけがはなかった。被害総額など詳細は明かされていない。

警備が厳重なダイヤモンド地区で発生

付近にはダイヤモンドや金などの貴金属を販売する店が軒を連ねており、警備員や警察官も多い。周辺で店を経営する人は、普通の人なら強盗は考えないと地元メディアに語っている。ある人は、日曜日を狙ったのは、多くの店が閉店し、警察官も少ないと思ったためだろうと推測する。

ニューヨークタイムズによると、近年は宝石泥棒の数は減少しているという。宝石警備団体のプレジデント、John J. Kennedy氏によると、2019年上半期に発生した強盗事件は59件で、昨年の105件に比べ、半数近く減少している。ショーウィンドウを破って強盗する事件に比べると、銃を使った強盗はさらに稀だという。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES