ホーム ニュース アート ハイラインにロバート・イン...

ハイラインにロバート・インディアナ「LOVE」彫刻作品が登場

ハイラインに隣接するザハ・ハディッド(Zaha Hadid)ビルのカスミン・ギャラリー(Kasmin Gallery)屋上に、故ロバート・インディアナ(Robert Indiana)氏(1928-2018)のLOVEシリーズの彫刻が登場した。
英語の「LOVE」、ヘブライ語の「AHAVA」、スペイン語の「AMOR」の3作品が揃うのは今回が初めて。

6sqftによると、「LOVE」のデザインは最初、1965年MoMAのホリデーカードにプリントされ、有名となった。彫刻作品となったのは、1970年以降。現在インディアナポリス美術館や、マンハッタン(55丁目)など米国各地やヨーロッパ、アジアに設置されている。インディアナ氏は1962年、ニューヨークで初めての単独展覧会を開催した。

©mashup NY

コルテン鋼の「AHAVA」(右奥)は、ジェームス・パイク(James. A Pike)司教を追悼するため制作され、1977年よりイスラエル美術館に設置されている。

©mashup NY
- Advertisement -

「AMOR」は、2006年にスペインで初めて披露され、現在はワシントンDCのナショナルギャラリー彫刻庭園(National Gallery of Art Sculpture Garden)に設置される。

LOVE’ sculptures
場所:Kasmin Gallery(507 W 27th StNew York, NY 10001)ルーフトップ

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES