今年で最後 ヘンリベンデルのホリデーウィンドウがスタート

ニューヨーク5番街の老舗百貨店ヘンリベンデル(Henri Bendel)は14日、ホリデーウィンドウのディスプレイを披露した。
同ブランドの親会社Lブランド(L Brands Inc)は9月に、5番街の旗艦店を含む全23店舗の閉鎖を発表しており、123年の歴史を誇る同店のホリデーウィンドウは今年で見納めとなる。

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

本格的なホリデーシーズンのスタートを記念し、同ブランドのイラストを手がけるアーティストのアイザック・ゼノウ(Izak Zenou)を招き、ホリデーコレクションの披露イベントが行われた。

- Advertisement -

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

アイザック・ゼノウ(Izak Zenou)
アイザック・ゼノウ氏©mashupNY

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

1895年にウエストヴィレッジで誕生したヘンリベンデルは、1913年に5番街で初のラグジュアリーショップをオープンした。米国で初めてシャネルのデザイナー、ココ・シャネル(Coco Chanel)の商品を取り扱ったことでも知られる。
1907年より使用されているブラウンとホワイトのストライプは、同店のトレードマークとなっている。

Henri Bendel
©mashupNY

ヘンリベンデルのイラストは、1960年代には、ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)がデザインを手がたことでも知られる。現在、アイザック・ゼノウのほかには、ミーガン・ヘス(Megan Hess)がイラストを担当する。

百貨店は、ドラマ『ゴシップガール』のセリーナやブレアの御用達ショッピングスポットのロケ地として使用された。映画『お買いもの中毒な私!』(Confessions of a Shopaholic)や、『アップタウン・ガールズ』(Uptown Girls)にも登場した。

©mashupNY

アリアナ・グランデ(Ariana Grande)や、テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、カイリー・ジェンナー(Kylie Jenner)など数多くのセレブも愛用されてきた。

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

©mashupNY

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ネームタグから、ポーチスーツケースまで揃うトラベルアイテムも人気コレクションの一つ。

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ホリデーコレクションのオーナメント。

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

ヘンリベンデル ホリデーウィンドウ
©mashupNY

Henri Bendel New York

住所: 712 5th Ave, New York, NY 10019 (2019年1月まで営業)

www.henribendel.com

老舗百貨店ヘンリベンデルの歴史とショッピングガイド

老舗百貨店ロード&テイラーNY五番街店を閉店へ 苦戦続く米小売業界

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES