アボカドアタック 68歳交際相手を負傷させた危険な女を逮捕

61

フロリダ州で、39歳の女が、同居していた68歳の男性にアボカドを投げつけるなどして負傷させ、逮捕、家庭内暴力の罪で起訴された。

Law & Crimeが捜査当局が提出した法定資料を元に報じたところによると、逮捕・起訴されたのはピネラス郡在住のカリーン・ジェイム・ビスワンガー被告(39)。

二人は一年ほど前から同居しており、捜査官は関係について、「合意の上で性交渉をしていた」としている。

事件があったのは今月12日、午後7時45分頃。ピネラス郡保安官事務所に家庭内暴力の通報が入った。

捜査当局の報告によると、ビスワンガー被告は男性と口論の末、アボカドを投げつけ右目を負傷させた。さらに鉄製の吊り下げ棒も投げつけ、右腕の上腕部と前腕部を負傷させた。

Advertisement

被告は拘束される際、「直接的な殴打」をしていないと主張したという。事件には銃や武器、酒が絡んでいないと報告されている。

ビスワンガー被告は、過去にも暴行事件を繰り返していた。

昨年、筆記用具の詰まった22cm四方の段ボールを投げつけ、父親を負傷させた。薬物中毒を心配した父親の要請で自宅を訪れた保安官が退出した直後のことだったという。父親が不起訴を求め、刑事告発が取り下げられた。

2015年には、非常に酔って帰宅した後、当時の交際相手の顔面を拳で複数回殴り、左目を負傷させた。この事件も同様に、被害者の要請で告訴が取り下げられたという。

このほかにも、ひき逃げ、万引き、飲酒運転、薬物所持、無免許運転など数多くの容疑で逮捕されたことがあった。2019年には違法薬物の所持で有罪を認め、120日間の刑に服していた。