ホーム ニュース ニューヨーク ブルックリンに「ノトーリア...

ブルックリンに「ノトーリアス・B.I.G.」ストリート誕生

10日、伝説のラッパー、ノトーリアス・B.I.G.(Notorious B.I.G.)さんの名前を冠したストリート「クリストファー”ノートリアス・BIG”ワレス通り」(Christopher ‘Notorious B.I.G.’ Wallace Way)がブルックリンのベッドスタイに誕生した。

Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY

記念式典は、ウォレスさんが幼少時代を過ごしたセント・ジェームス・プレイス(226 St. James Place)前で正午すぎから開催された。

ビギー・スモールズ(Biggie Smalls)の愛称でも知られるウォレスさんは、1997年ロサンゼルスでイベント会場から移動する途中、銃殺された。

- Advertisement -

母親のヴォレッタ・ウォレス(Voletta Wallace)さんや祖母、娘のティアナ・ウォレス(T’yanna Wallace)さん、ベッドスタイとクリントンヒルを代表するローリー ・コンボ(Laurie Cumbo)市議会議員、ジュマーニ・ウィリアムズ(Jumaane Williams)市政監督官、ラッパー、リル・キム(Lil’ Kim)さん、ラッパーのメイス(Ma$e)さんらが壇上でスピーチを行い、ウォレスさんへの想いを語った。

母親ヴォレッタさんは、22年前は悲しい日だったと振り返り、「今日集まった多くの人を見て、涙が溢れました。息子はとても愛されていたのだと友人に伝えました。」と述べ、「今日は嬉しい涙です。雨に濡れながら、ここに集まってくださったみなさんを忘れることはないでしょう。」と感謝を述べた。

通りを命名するため、長年尽力してきたローリー・コンボ市議会議員は、「今日、この標識は重要です。子供たち、そのまた子供たちにこの場所の歴史を伝えるために。私たちはこの自治区を作った。ビギー・スモールズはインスピレーションとなる音楽を作った。それは私たちに成長や、努力、ニューヨークのブルックリンで成功するという刺激を与えてるものです。」と述べた。

ストリートの命名を提案したのは、ブルックリン出身のアーティスト、リロイ・マッカーシー(LeRoy McCarthy)さん。マッカーシーさんは2013年以来、複数回にわたって、地域のコミュニティーボードに嘆願書を提出し、昨年11月に承認された

ウォレスさんが結成したジュニア・マフィア(Junior M.A.F.I.A.)ラッパー、リル・キムは、ストリートに彼の名前がつけられることを夢見ていましたと述べ、「彼にはビジョンがあった。これも彼の構想の一つのように感じる。」と述べた。

Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
Ma$e,Mason Betha©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
Fulton Street & Gates Avenue ©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY
Notorious B.I.G.’ Wallace Way
©mashupNY

Notorious B.I.G.’ Wallace Way
(Fulton Street & Gates Avenue, Brooklyn)

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES