ベーグルの注文をめぐり男性が店員に暴行。NY市警察が捜査

ブルックリンのブッシュウィックで先月25日、ベーグルの注文をめぐり、男性が店員に暴行する事件が発生。ニューヨーク市警察(NYPD)は、事件発生時の動画を公開し、男性に関する情報提供を呼びかけている。

NBCニュースによると、デリの店員サンジェイ・パテル(Sanjay Patel)さんは、先客がいるため、作るのに5分から10分ほど時間がかかると伝えたところ、男性は怒りはじめたという。

男性は酔っ払っていたようで、その場にあったパンやタブレット、買い物かごなどを次々とパテルめがけて投げつけたと語っている。パテルさんは頭や体が打撲で腫れるなど軽傷を負った。

公開された映像では「ベーコンとエッグ、チーズのトーストしたシナモンレーズン・ベーグルサンドを今すぐ作れ!Right f—king now!」と叫んだうえ、デイスプレイケースを叩き、物を投げつける様子が映っている。

NYPDは1-800-577-TIPS (8477) やウェブサイト(WWW.NYPDCRIMESTOPPERS.COM)で男性の情報を呼びかけている。

SNSでは注文内容も悪いという意見も

ソーシャルメディア上では、暴行はもちろんのこと、男性がオーダーした、シナモンレーズンベーグルにベーコンとエッグ、チーズという、甘いパンに食事系の具材の組み合わせも良くないという声が上がっている。
「このオーダーは、逮捕されてしかるべし。」「この注文こそが犯罪行為」「自分だったらすぐに警察に通報する。」「店員が、これは私の信念と一致しないため、お受けできませんと言ったに違いない。」「心神喪失で明らかに有罪。」「これはやってはいけない。ニューヨークの人なら、エブリシングベーグルもしくはプレーン、ロールと組みわせるべき。」というコメントが寄せられている。

先日は、ニューヨーク州知事戦に立候補していた女優のシンシア・ニクソンが、アッパーウエストサイドの老舗デリ「ゼイバーズ」でシナモンレーズンベーグルにスモークサーモンのサンドイッチをオーダー。この注文はニューヨーカーとしてありえないと大きな論争を巻き起こした