BTS(防弾少年団)NYグランドセントラルターミナルで新曲披露

年末タイムズスクエアのカウントダウンイベントに出演した韓国の人気ヒップホップグループBTS(防弾少年団)。今度は、マンハッタンの名所グランドセントラルターミナルでパフォーマンスを行った。

BTSは、ジミー・ファロン(Jimmy Fallon)が司会を務める深夜番組「ザ・トゥナイト・ショー」(The Tonight Show)に出演し、ニューアルバム「Map of the Soul: 7」から、新曲「On」を披露した。
ジミー・ファロンは番組冒頭で、特別に貸し切ったスペースでの歴史的パフォーマンスだと紹介した。

24日の放送回は「サブウェイ・スペシャル」と題し、地下鉄をスタジオ替わりに使用した特別番組となった。
「サンキューノート」コーナーでは、バンドメンバーも電車に乗車。ジミー・ファロンは、地下鉄やタイムズスクエアのエルモ、ホットドックカート、レストランの衛生コード、エンパイアステートビルディングをネタにしたジョークを披露した。

ファンのアーミーたちからBTSに対する質問コーナー#FallonAsksBTSでは、「楽曲は歌詞から作るの?それともメロディーから?」や「RMとJIMINへ、ブラックビーンヌードル事件について教えて。」、「コンサートの時に特に楽しみなのは?」などさまざまな質問が寄せられた。
RMは、互いに大ファンだという格闘家のジョン・シナにコンサートに来て欲しいと希望を語り、メンバー全員で盛り上がる場面も。
車内では「サブウェイ・オリンピック」ゲーム(動画)で対決を行った。

さらに老舗ジューイッシュデリ「カッツ・デリカテッセン」(Katz’s Delicatessen)名物のパストラミサンドに舌鼓を打った。

ニューヨークタイムズによると、グランドセントラルターミナルでの収録は、昨年12月の週末深夜に行われた。地下鉄の乗車シーンには、撮影やイベント専用のR160系車両が使用され、実際にボワリーとカナルストリート駅の間を走行しながら撮影している。
グラセンのスペース使用料や車両のレンタル費用は有料だという。放送の翌日MTAは「ご乗車ありがとうございました!」とBTSとジミー・ファロンにツイッターでお礼を述べた