13歳の少年に性的暴行、ベビーシッターを指名手配

95

テキサス州ハリス郡で、13歳の少年に性的暴行をはたらいた容疑で、ベビーシッターの女が指名手配された。

容疑者の名は、シャーリーン・ゲイル・コーンゲイ(41)。現在、14歳以下の子供に対する加重性的暴行の容疑がかけられている。

ニューヨークポスト紙によると、事件が起きたのは2021年7月。コーンゲイ容疑者は自身のアパートで、シャワーを終えた少年に、ドレスとハイヒール、ブラをつけるよう命じた。その後、自分の息子が眠っている部屋に連れ込み、少年の服を脱がせ、オーラルセックスをするなど性的暴行に及んだという。少年がやめるよう求めると、容疑者は「黙れ。男らしくしろ」などと叱責。バスタブでも性行為を強要した。その後容疑者は、少年の性器にナイフを突きつけ、他言すれば切り落とすと脅したという。

その後、少年が父親に性的虐待されたと告白したことで、事件が明らかになった。父親は当初、少年の話を信じることができなかったが、詳細な説明を受け、確信したという。

少年の父親は、コーンゲイ容疑者に自分の息子がいることを知っていた。また容疑者が、少年を自分の家に泊めるよう父親に頼んでいたという。少年の家族と容疑者が、どのような経緯で知り合ったのかは明らかになっていない。

Advertisement

なお、コーンゲイ容疑者は、薬物所持で有罪判決を受け、執行猶予期間中だった。過去に、窃盗や保険詐欺などの犯罪歴があったという。