SUBWAY サブウェイ

ジョージア州アトランタのダウンタウンにあるサンドイッチ店「サブウェイ」で、客の男が従業員に発砲。1人が死亡、1人が負傷した。男の驚くべき犯行理由に、衝撃が広がっている。

地元メディアWGCLによると、事件があったのは26日午後7時15分ごろ。オーナーのウィリー・グレンさんによると、男はサンドイッチのマヨネーズが多すぎると激怒し、従業員に向けて発砲した。2人は姉妹で、26歳の姉は死亡し、24歳の妹は重体だという。男は、店の外から発砲をしたといい、その時店内には、妹の子供(5)が一緒にいた。

その後、銃を持ったマネージャーと駐車場で「激しい撃ち合い」となったが、銃弾は男をそれたという。

グレンさんは「最近の世の中は一体どうなってしまったのか、みな本当にキレやすい」「多くの銃撃や殺人事件が相次いで起きている。ただ馬鹿げており、従業員を本当に気の毒に思う」と肩を落として語った。

WSBTVは、姉妹は3週間前に働き始めたばかりで、「お手本となる従業員だった」と伝えている。

容疑者の男(36)は店の近くで拘束され、現在取り調べを受けている。

アトランタでは今年、70件の殺人事件が発生。前年同時期に比べ19%増加している。昨年は160件の殺人が報告されており、1996年以来最多となった。