ホーム ニュース ニューヨーク ニューヨーク市、ユダヤ人へ...

ニューヨーク市、ユダヤ人への憎悪犯罪が1週間で9件

ユダヤ教徒の祭日ハヌカ(Hanukkah)の期間中、ニューヨークでユダヤ人への憎悪犯罪が9件発生していたことが分かった。

CBSニューヨークによると23日、2件の憎悪犯罪が発生した。ブルックリンのウィリアムズバーグの住宅用ビルのロビーで、6歳と7歳の少年が未成年のグループに暴行を受けた。ミッドタウンでは、65歳の男性が中傷的な言葉を浴びせかけられ、殴打された。この事件に関連し、フロリダ州の男性が拘束されている。

24日には、ブルックリン区のクラウンハイツ(Crown Height)などで3件のユダヤ人を狙った攻撃が通報されている。
25日深夜、同区ボローパーク(Borough Park)で伝統的な服装で歩いていた40歳のユダヤ人男性が、何者かに進路をふさがれたのち、顔を殴られ負傷した。
26日、同区グレーブセンド(Gravesend)で3歳の子供と歩いていた若いユダヤ人の母親を殴り、反ユダヤ的な言葉を浴びせたとして、42歳のホームレスの女、アヤナ・ローガン(Ayana Logan)が逮捕された。
27日、クラウンハイツで3人のユダヤ人女性を殴り、反ユダヤ的な言葉で中傷したとして30歳の女、ティファニー・ハリス(Tiffany Harris)が逮捕された。
同日、何者かがコミュニティーセンター「チャバド・ルバビッチ・ヘッドクオーター」(Chabad Lubavitch World Headquarters)を訪れ、正統派ユダヤ教徒を銃撃すると脅迫する事件が発生した。

- Advertisement -

ビル・デブラシオ(Bill de Blasio)ニューヨーク市長は27日に、チャバド・ルバビッチ・ヘッドクオーターを訪れ、「今起こっていることは、許容できない。」と非難した。さらにウィリアムズバーグやクラウンハイツ、ボローパークなどのユダヤ人が多く居住する区域での警備を強化させると発表。「ユダヤ人コミュニティーを脅かす者には、裁きが下る。」と述べている。

ニューヨークタイムズによると、反ユダヤ人攻撃の通報は昨年比18%増加している。先週日曜の段階で214件寄せられており、昨年の同時期よりも32件増加した。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES