NYPD crime
shutterstock

サウスカロライナ州で、3歳の子供が銃を誤って発砲し、母親を死亡させる事故があった。

死亡したのはサウスカロライナ州北西部のスパータンバーグに住むコーラ・リン・ブッシュさん(33)。地元保安官事務所がフェイスブックに掲載した声明によると、21日午前8時頃、ブッシュさんの3歳の子供が自宅にあった銃を取り出して発砲。銃弾を受けたブッシュさんは病院に搬送されたが、約2時間後に死亡した。子供の性別は明らかにされていない。

同事務所は銃について「unsecured(安全ではない状態)」だったと発表しており、装填済みでセーフティレバーも掛かっていない状態だったとみられる。

事故を目撃したブッシュさんの母親は、3歳児が「安全ではない状態の銃を手に取り」自分の娘を死亡させた、と話しているという。保安官事務所は、ブッシュさんの母親の供述が「現場の証拠や被害者の状態と一致した」ことから事件性はないとしているが、引き続き事故原因について捜査を行う方針。

声明で同事務所は事故の報告とともに「失意と悲しみの中にいるブッシュさんの遺族を思い、祈っていてください」とつづっている。

フェイスブックユーザーからは、3歳児を含め遺族に対して平穏を願い祈りを捧げる声が相次ぎ、「最悪なのは、いつかこの子が成長したとき、赤ちゃんの頃に事故とはいえ自分が何をしたかを知らされる。なんて酷い事実を背負って生きることになるんだろう」と、子供の将来を案じて思いやるコメントも寄せられた。

また、「お願いだから銃はロックして」「親は子供の手の届かないところに銃を置いておくべき」「子供は銃をおもちゃだと思ってしまう。小さい子供がいる家では銃を隠して」など、子供が銃を手にする状況を作らないよう、強く呼びかけるコメントも見られた。

今月1日には、フロリダ州アポロビーチで、5歳児が誤って自分を撃ち、重体となったと報じられた。さらに二日後の3日、フロリダ州タンパで、3歳児が誤って発砲し、生後5ヶ月の赤ちゃんが負傷する事故があった。