ホーム ニュース WTCコートランドストリー...

WTCコートランドストリート駅 17年ぶりに再オープン

2001年米同時多発テロによるビル倒壊によって埋没し、工事中となっていた1番線のWTCコートランドストリート(WTC Cortlandt Street)駅が、8日、約17年ぶりにオープンした。

WTCコートランドストリート駅
©mashupNY

白で統一されたプラットフォームの壁には大理石を使用。モザイクの壁をデザインしたのは、アーティストであり、オハイオ州立大学教授のアン・ハミルトン(Ann Hamilton)氏で、「コーラス」(Chorus)と名付けらている。
壁には、アメリカ独立宣言と国連世界人権宣言の一節が使用された。

駅は、車椅子の人でも使用することができ、電光掲示版で電車の到着時間が把握できる。工事費用は、1億8,180万ドル(約200億円)とされる。

- Advertisement -

WTCコートランドストリート駅
©mashupNY

新たな駅は、ワールド・トレード・センター・トランスポーテーション・ハブの一部となり、総工費40億ドル(約4,400億円)をかけて完成したOculus(オキュラス)を経由して、フルトンストリートトランジット・センター(Fulton Street transit center)駅や、E線のワールドトレードセンター(World Trade Center)駅、R線のコートランドストリート(Cortlandt Street)駅など接続する。

関連情報

世界貿易センター(World trade Center)跡地付近から放たれる、光のインスタレーション「追悼の光」(The Tribute in Light)

「追悼の光」米同時多発テロ犠牲者を悼む2本のライト

世界貿易センター跡地周辺ガイド

グランドゼロ周辺 ガイド

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES