トランプ氏 今度は「MAGAマット」をリリース

68

資金調達のアイデアにことかかないトランプ前大統領は、新たにトランプブランドの「ドアマット」をリリースした。

新製品をお披露目したのは共和党の募金集めのプラットフォーム「WinRed」で、100ドル以上の寄付と引き換えに「100%アメリカ製」のドアマットがもらえるとされている。

デザインは「TRUMP2024」ロゴに加えて、中央にトランプ氏のスローガン「MAKE AMERICA GREAT AGAIN!」が大きく描かれている。上部には寄付者の名入れができるようになっている。

説明書きには「バイデンのいんちき裁判のために裁判所にいる時以外は、私はアメリカファーストのアジェンダのために国中でキャンペーンを行なっている」と記され、「真のMAGA愛国者」がドアマットをディスプレーするほど「心が温まることはない」と寄付を呼びかけている。

選挙資金に加えて、多額の法的費用の支払いに直面しているトランプ氏は、ここ最近トランプブランドの新商品を相次いでドロップしている。

Advertisement

昨年12月には、NFTトレーディングカードの第3弾「マグショット・エディション」を、ジョージア州での拘束時に着用していたスーツの切れ端付きでリリースした。

2月にはフィラデルディアで開催されたスニーカーイベントに突如姿を現し、金色にTのイニシャルをあしらったスニーカー「ネバーサレンダー」を発表。限定1,000足の予約が即日完売した。

さらに3月は、MAGA集会でお馴染みとなった愛国歌「God Bless The USA」で知られるカントリー歌手リー・グリーンウッド氏とコラボした聖書「ゴッド・ブレス・ザ・USA」の発売を発表した。ドアマットは選挙の寄付金に関連するものだが、聖書に関しては、トランプ氏にどのように収益がもたらすのか不明で、トランプ氏の選挙キャンペーンには使用されないと明記するにとどまっている。