SNLのピート・デヴィッドソン、共和党クレンショー議員と和解

米NBCの深夜コメディ、サタデーナイトライブ(SNL)でコメディアンのピート・デヴィッドソン(Pete Davidson)が、中間選挙下院選で当選した元海軍のダン・クレンショー(Dan Crenshaw)議員(テキサス・共和党)に謝罪し、和解する場面が話題となった。

先週放送回で、デヴィッドソンは、当時の共和党候補ダン・クレンショー(Dan Crenshaw)の写真を見て「ポルノ映画のヒットマンみたいだ。」と印象を語った。その際、戦争で負傷したことは知っていると付け加えている。放送後は、両党支持者から多くの非難が寄せられた。
クレンショー氏は、海軍特殊部隊のシールズに従軍し、2012年のアフガニスタン戦争で簡易爆弾の爆発により片目を失った。

デヴィッドソンは、10日放送のSNL「ウィークエンドアップデート」コーナーで「愚かな発言だった。」と正式に謝罪した。「この男は、戦争の英雄であり、尊敬に値する人物だ。もし、これが何かの役に立ったならば、右派も左派もついに双方合意に至ったということだろうか。私はマヌケだ、と。」と冗談を述べた。

クレンショー議員も番組に出演し、謝罪を受け入れた。クレンショー議員は「共和党を良く見せてくれてありがとう。」と述べた後、デヴィッドソンをやり込め、会場を沸かせた。

番組では、突然クレンショー議員の携帯が鳴り、着信音からはデヴィッドソンの元婚約者アリアナ・グランデの「Breathin」が流れた。苦笑いするデヴィッドソンに対して「あれ、君、知ってるの?」と尋ねた。その後、デヴィッドソンのシルバーカラーの髪型に対して「(ドラマ)ブレイキング・バッドのメス(覚せい剤)が、人間になったみたいだ。」、「サナダムシのついたトロール人形」など揶揄し返した。

クレンショー議員は「真面目に、ここでは我々が学ぶべき多くの教訓がある」と述べ、「右派と左派は、何かに合意できるだけではなく、アメリカ人はお互いを許すことができる。」と語った。
「今週末は、ベテランズデー(退役軍人の日)だ。全てのアメリカ人が、退役軍人を理解することができる良いタイミングだ。」と述べ、「みんな、全ての退役軍人に、決して忘れない、と伝えよう。9/11で命を失ったNYCの消防隊員であるヴィッドソンの父も含めて。」と提案した。

この和解に対して賞賛する声が相次ぐ一方で、クレンショー議員の政策に共感できない人からは苦情が寄せられるなど、反応は様々となっている