ホーム ニュース オハイオ州デイトンで銃乱射...

オハイオ州デイトンで銃乱射事件 9人が死亡- 24時間で2件目

オハイオ州デイトン市で4日、銃乱射事件が発生し、容疑者を含む10人が死亡した。ナン・ホエーリー(Nan Whaley)市長によると、少なくとも27人が病院で手当てを受けている。

事件は4日午前1時に、市内オレゴン地区にある繁華街のバー近くで起きた。容疑者は対応した警察官の銃撃によって、事件発生から1分以内に死亡した。

事件発生時、通りがかりの車内から撮影された動画。

- Advertisement -

付近に設置された監視カメラには、身を伏せ、逃げる人々の様子が映し出されている。

市長の発表では、容疑者は防護服を着用しており、攻撃用銃(.223-Caliber Rifle)と大容量の弾倉を携帯していた。対応が遅れた場合、被害は数百名におよんだだろうと語った。

容疑者は?

警察は単独の犯行とみている。容疑者の名前は公表されていないが、CBSは、情報筋の話として、犯人はベルブルック地区在住の24歳のコナー・ベッツ(Connor Betts)だと伝えている。日曜日の朝に家宅捜査を行なっているという。

警察によると、オレゴン地区は「ダウンタウンの安全な地域」で、バーやレストラン、映画館などエンターテイメントが集まる地域。死者はすべて屋外で報告されている。

被害者の中には、容疑者の妹も

銃乱射により亡くなった9人の中には、容疑者の妹、ミーガン・ベッツ(Megan Betts)さんが含まれる。ミーガンさんは、今回の犠牲者の中で最も若い22歳だった。

3日の午前にはテキサス州エルパソで起きた銃乱射事件により20人が死亡したばかりだった。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES