ホーム ニュース ニューヨーク ニューヨーク州タバコ購入年...

ニューヨーク州タバコ購入年齢を21歳に引き上げへ

ニューヨーク州議会では2日、タバコを購入できる最低年齢を現行の18歳から21歳へと引き上げる法案が可決した。ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事は法案に署名する意向で、成立後120日後に施行される。

違反した事業者は、最大2,500ドルの罰金を科せられ、場合によっては販売免許取り消しの可能性もある。

法案を提出したダイアン・サヴィーノ(Diane Savino)州上院議員(民主・スタッテンアイランド)は、年齢の引き上げにより、若者がタバコを吸う機会がより少なくなると述べた。

- Advertisement -

ニューヨーク市では2014年にタバコの購入年齢を21歳へと引き上げた。ナッソー郡、サフォーク郡、ウエストチェスター郡など15の郡も同様となっている。

米国がん協会がん行動ネットワーク(ACS CAN)の研究によると、成人喫煙者の95%が21歳前に喫煙を始めており、購入年齢の引き上げで、若者の喫煙数が減少することが明らかとなっている。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES