NY総領事 メッツの試合でハプニング!? 始球式予定も投げるタイミングなかった

13日、ニューヨークメッツの本拠地シティ・フィールドで行われたマリナーズとの試合で、始球式をする予定だった在ニューヨーク日本国総領事館の森美樹夫大使が、マウンド近くまで行ったものの、投げることができずに戻るハプニングがあった。

今年は日本に野球が伝えられてから150年。この日は「ジャパニーズ・ヘリテージ・ナイト」と称したイベントを開催。森大使が招かれ、始球式を行う予定だった。

ツイッターにシェアされた動画には、ピッチャーのマックス・シャーザー選手が、大使がいることに気がつかずに、投球練習をする様子が撮影されている。解説者らは「このラウンドじゃないようだ」「マックスはかなり集中していて、何も目に入っていない」「彼はぶらぶらしてるね」と笑いを交えて話した。

ニューヨークポスト紙はこの出来事について、シャーザー選手の落ち度ではなく、計画が悪いと指摘。メッツが2-1で負けたのは、「おそらくカルマ」と報じた。

14日にマンハッタンで開催されたジャパン・パレードに出席した森大使は、ある記者から前日の件について聞かれると「手違いがあって、連絡ミスで始球式を行えなかったということです」と説明。メッツ側の釈明が十分かどうかは疑問としつつ、「いろんな形で後処理をしてきたい」と語った。失投して笑い物にならずに済んだとジョークを交えながら、実際の心境は「正直いって、アレっといった感じでした」と話した。

改めて呼ばれる可能性について、メッツ側から話があったという。「またこの練習やるのかと思うと」と述べるなど、オファーに応じるかは不明としつつ、「一番大切なのは、皆さんの気持ちを盛り上げることですから、それができるためなら、もうちょっと練習してもいいかなと思ってます」と語った。