NYPD crime
shutterstock

26日、マンハッタンの高層マンションを内見に訪れた43歳の男性が、ベランダから飛び降り死亡した。ニューヨークポスト紙が報じた

男性は、ブルックリンに住むフランス人の金融家、チャールズ・ヘンリー・クルツェン(Charles-Henry Kurzen)さん。午後1時15分ごろ、国連本部近くのタートルベイにある高級アパートメントの32階の部屋を見学していた。

情報筋によると、不動産エージェントに、ベランダを見せて欲しいと尋ねた後、突然飛び降りたという。3階部分のパティオに落下し、その場で死亡が確認された。

部屋は、ジャクジー付きバスルームやウォークインクローゼットが備わった2ベッドルームで、一部で290万ドル(約3.7億円)で売りに出されていたという。

クルツェンさんは、ブランスのESCPビジネススクールを卒業。パリのラザードのM&A部門でアナリストとして勤務した後、Saltbox Partners LLCのパートナーとなるなど、フランスとニューヨークの金融業界で長年活躍していた。

米自殺防止ライフライン:1-800-273-8255、東京自殺防止センター:03-3207-5040 (befrienders-jpn