ホーム ニュース テクノロジー スマートスピーカー 会話が...

スマートスピーカー 会話が誰かに聞かれてる?


「話しかけるほど、進化する」が売り文句の音声認識AI「アレクサ」を搭載したアマゾン社のスマートスピーカー Echoシリーズだが、その背後に、ユーザーの会話を聞いて人工知能の進化を助ける、数千人のアマゾン従業員がいることがわかった。

ブルームバーグによると、担当チームは正社員と契約社員で構成されており、ボストンからコスタリカ、インド、ルーマニアなど、世界各地で仕事を行なっている。

彼らの仕事は、アレクサの人間のスピーチに対する理解のギャップを埋め、ユーザーのコマンドにより良く回答できるようにすることが目的で、ユーザーの家やオフィスでエコーが録音したクリップをレビューし、書き起こしたり、注釈をつけてソフトウェアにフィードバックする作業を行なっている。

- Advertisement -

レビューのプロセスは、アレクサが録音したユーザーの音声をランダムにサンプリングし、これら遠方の従業員に送信することからはじまる。業務には、ユーザーの司令とアレクサの自動書き起こしを比較するものや、バックグラウンドの会話や子供の話しなど、アレクサがピックアップした録音のすべてをノートにとる業務もあるという。

個人情報は大丈夫?

従業員は、個人を特定できる情報に直接アクセスする権限を持たない。アマゾンの広報はブルームバーグに対し「すべての情報は機密性の高いものとして取り扱い、アクセスを制御するための多元認証やサービスの暗号化、制御環境の監査を実施している」と語っている。

もし、ユーザーの名前や銀行情報などの個人情報が録音に含まれていた場合、「重要データ」のダイアログボックスに印をつけ、次のオーディオファイルに取り掛かるよう決められているという。

ブルームバーグが入手したスクリーンショットでは、録音が送信された従業員には、ユーザーのフルネームと住所は提供されていなかいが、アカウントナンバーやユーザーのファーストナーム、デバイスのシリアルナンバーは確認できるという。

従業員らは時に、気を動転させられるような、性的暴行など犯罪の可能性を示す録音に触れることもあるという。こういった場合、ストレス緩和のために内部のチャットルームで経験をシェアすることが許されている。同紙によると、同様のケースに遭遇したルーマニアの従業員が、アマゾンにガイダンスを求めたところ、干渉することはアマゾンの仕事ではないと回答されたという。

他社でも実施

アップルのSiriやグーグルホームでも、同様のレビューが実施されている。アップルではユーザーの発言とSiriの解釈が一致していか判断するために作業が行われている、グーグルでは、特定の従業員は、製品を訓練、改良するためにオーディオのスニペットにアクセスできるという。

録音を止めるには?

開発目的の録音をされたくないEchoのユーザーは、以下の方法でストップすることができる。

1. アレクサアプリの「Setting」から「Alexa Account」をタップ。
2.「Alexa Privacy」から「Manage How Your Data Improves Alexa」を選択。
3.「Help Develop New Features」ボタンと「“Use Messages to Improve Transcriptions」ボタンをオフにする。

TOP STORIES