NYブルックリン、1歳児が銃撃で死亡

12日夜、ブルックリンのベッドスタイで、1歳の男児が銃で撃たれ死亡した。

ニューヨークポスト紙などによると午後11時35分ごろ、車で近づいてきた犯人は、ベッドフォード・スタイベサント(Bedford-Stuyvesant)のレイモンドブッシュ(Raymond Bush)公園前で飲食を行っていた3人の男性と、ストローラーの中にいた1歳児に向かって発砲した。男児は近くの病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。27歳、35歳、36歳の男性は、足などを撃たれたが、命に別条はないという。現場では、17発の薬きょうが発見された。犯人は逃走中だという。

デブラシオ市長は13日の会見で、発砲事件の増加に関して「パンデミックの恐ろしい混乱」が引き起こしたものであり、それらは市の経済や裁判所、刑務所に損害をもたらしたと述べた。ニューヨーク市警察にも過剰な負荷がかかり続けていると述べ、刑事司法制度が機能していないと強調した。

ダーモット・シェイ警察委員長は「無分別な銃暴力によって、影響を受けている実際の人々がいる。」と述べ、事件に関する情報提供の呼びかけを行った。
同日夜、ブルックリンのクラウンハイツとハーレムでは、12歳と15歳の少年が、銃撃を受け負傷した。

ニューヨークタイムズによると、7月5日までに市内で起きた発砲事件の件数は585件で、前年同時期の381件より50%以上増加した。このペースが続いた場合、3年間で初めて800件以上に達するという。

独立記念日の週末、発砲事件が増加したことを受け、ニューヨーク市のデブラシオ市長は、犯罪が多発するハーレムで警備を強化すると発表した。週末は20カ所以上のストリートや低所得者向け公営住宅(NYCHA)に警察官と地域指導者が配備され、パトロールを行っていた。