16日、今季初のスノーストーム「ゲイル」(Gail)が米北東部に到来し、ニューヨーク市では数年ぶりの大雪に見舞われた。

デブラシオ市長は、17日の対面学習の中止を発表し、オンライン学習へと切り替えた。さらに新型コロナウイルスの検査場を17日の昼まで閉鎖したほか、飲食店の屋外飲食の中止を命じた。

ミッドタウンでは衛生局のトラックが多数出動し、凍結防止剤の散布や除雪作業が行われた。またタイムズスクエアやクリスマスツリーのあるロックフェラーセンターでは夜間から雪かきをする作業員や、雪合戦などを楽しむ人々の姿が見られた。

タイムズスクエアの様子。夕方から降り出した雪は一晩続いた。

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY
スノーストーム gail
mashupNY
スノーストーム gail
mashupNY
スノーストーム gail
mashupNY
スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY
スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

道路から寄せ集められた雪は、道路脇に積み上げられ巨大な山に

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

屋外飲食も一時停止に。雪で覆われた飲食スペース

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

セントラルパークも辺り一面真っ白となった

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY
スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

ニューヨーク公共図書館前の様子。

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY
スノーストーム gail
mashupNY

ブライアントパークのスケートリンクも営業を再開した。

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

再開許可に営業を開始するレストラン。ニューヨーク市では今週から店内飲食が禁止となり、屋外飲食やテイクアウト、デリバリーのみとなっている。

スノーストーム gail ニューヨーク
mashupNY

国立気象局によると、セントラルパークの積雪は午前8時までに25センチ(10インチ)を記録した。昨年全体の積雪量よりも多い雪が降ったという。デブラシオ氏は、過去24時間の降雪量は2016年1月以来の大雪だったと述べた。
18日の昼頃には雪は止み、午後1時にはウィンターストーム警報は解除された。また午後6時から屋外飲食も再開が許可された。18日の対面学校は通常どおり行われる。

なおニューヨーク州のビンガムトン(Binghamton)では104センチ(41インチ)の積雪を記録した。クオモ州知事は17日、ハドソンバレーやサウザンティア、キャピタルリージョンにある18の郡に非常事態宣言を出した。