ホーム ニュース 政治 核爆弾でハリケーン上陸を阻...

核爆弾でハリケーン上陸を阻止-トランプ氏提案か

トランプ大統領が、国土安全保障省の高官と安全保障当局者に対し、米国に上陸するハリケーンを阻止するために、核爆弾を使用する考えを複数回にわたり伝えていたことがわかった。Axiosが報じた。

核使用の考えは、ホワイトハウスで行われたハリケーンに関するブリーフィングの場で語られたという。話し合いの場にいた人物によると、トランプ氏は「なぜ、それらを核爆弾で破壊しないんだ?」と質問した。また「アフリカ沖で発生して、大西洋を横断してくるときに、ハリケーンの目に爆弾を落として、破壊する。なぜこれができないんだ」と問いかけた。

大統領の質問に対して、説明担当者は、調査する意向を述べたという。するとトランプ氏はさらに、米国がどれだけの数のハリケーンを処理することが可能か何度も尋ねたほか、ハリケーンが上陸する前に政府が介入する案を繰り返して主張したという。

- Advertisement -

トランプ大統領は、政府高官との別のやりとりでも、同様のアイデアを持ち出したという。

2017年の国家安全保障評議会のメモには、トランプ氏が、ハリケーンの上陸を阻止するために政府が爆破するべきか尋ねたことが記されているという。メモを知る人物によると、メモには「核」の言葉は含まれていない。単に、大統領がハリケーンの爆破について話したと書かれているという。

Axiosは、核使用の考えは公式の政策プロセスで取り上げられたことはないとしつつ、別の政府高官が「目的は悪くない」と述べるなど、政権内で肯定的な意見があるとしている。

ハリケーンに核爆弾を使用する考えは、古くはアイゼンハワー大統領の時代から存在するという。科学者は、爆破による効果がないことで一致しているが、これまで繰り返し公に語られてきた。このため、米海洋大気庁は、「熱帯低気圧伝説」という特別ページを設け、「いうまでもなく、よい考えではない」と明確に否定し、嵐を変えることができないばかりか、貿易風により放射能が急速に移動し、大地に影響を与え、壊滅的な環境問題を起こすと発表している。

TOP STORIES