トランプ氏がプレスリーそっくり自慢、支持者らの反応は?

15
©MashupReporter

セルフプロモーションまたは自画自賛をさせたら右に出る者はいないトランプ前大統領。4日、Truth Socialの投稿で、自身を20世紀最大のスター、エルビス・プレスリーに似ていると主張し、支持者らに意見を求めた。

トランプ氏は「何年もの間、エルヴィスと私が似ていると言われてきた。現在、この写真があちこちに拡散されている。君はどう思う?」と投稿。キング・オブ・ロックンロールと自身の顔を比較する画像を加えた。

この投稿に、支持者からは「うり二つ」「家族だ」といった同意に加えて、ジョージ・ワシントンや、南北戦争で南軍の将校だったパットン将軍といった歴史上の人物との類似を示唆するミーム画像も投稿された。

一方、アンチからは、「そうは見えない。デブ野郎」「こんなもの投稿するなんて信じられない。自分に夢中で、自分の鼻の先しか見えていない・・・・このレイピスト、ブタ!」など、罵詈雑言が相次いだ。ヒトラーと比較するミーム画像も複数出回っている。

似ているかどうか、誰が吹き込んだかはさておき、トランプ氏がエルビス似を自慢するのは初めてではない。

Advertisement

2018年、エルビスの生まれ故郷ミシシッピ州テューペロで開催した選挙集会で、「こんなこと言うべきじゃないし、とても自惚れていると言われるかもしれないが」と謙遜しつつ、「子供の頃、ブロンド色の髪以外はエルビスに似ていると言われていた」と主張。「信じられるか?私はこれを大変な褒め言葉だと思っていた」と続けた。

投稿の狙いは不明だが、現在、トランプ支持者らを中心に、国民的人気歌手テイラー・スウィフトが近くバイデン氏に支持を表明するのはないかとの憶測が広がっている。スターの人気に対抗しようという心の表れなのかもしれない。