「正気の沙汰じゃない」TikToker ニューヨーク賃貸物件の初期費用の高さに衝撃

56

ニューヨークで目当ての1ベッドルームの賃貸物件を探し当てたと思ったら、常識のはるか上を行く初期費用の高さに大笑いした。

そう語るのはTikTokerのパイパー・フィリップスさん。

ボーイフレンドと物件を探しているというフィリップスさんは、今月7日の投稿で「今までで最もクレイジーなことに出会った」と前置きした上で、不動産ブローカーから送られた費用の内訳の書かれたEメールを公開した。

ブローカーはメールの冒頭、承認を得るのに3週間かかるとしつつ、年収が家賃の50ヶ月分に相当することを証明しなければならないと説明。ペット不可、洗濯機と乾燥機付きと加えた。

フィリップスさんは「通常は40ヶ月だけど、でもいいわ」と流した上で、「正気の沙汰ではないのはここから」と話し、手数料の数々を読み上げた。

Advertisement

記載された手数料は以下の通り。

  • ブローカー手数料 家賃1ヶ月分
  • 申込金 550ドル
  • 管理手数料 1,500ドル
  • 年間アメニティー料 一人当たり350ドル
  • 信用調査費 一人当たり150ドル
  • 入居料 1,500ドル
  • Single initiation fee for board packager 100ドル
  • 入居デポジット 1,000ドル
  • digital submission fee 55ドル

さらに、内容が不明な「Single initiation~」と「digital submission」を除いた合計に5%が上乗せされるとある。

ニューヨークポスト紙によると、フィリップスが探した物件の家賃は5,350ドルで、上記に初月の家賃とセキュリティ・デポジットと呼ばれる典型的な保証金額(1ヶ月分)を加えると21,000ドル(約300万円)を上回る計算になる。

フィリップスさんは「ふざけてるの?」「どうしてこれが合法なものか」とツッコミ。「これからの私の物件探しの旅をフォローしてね」と締め括った。

ニューヨークの物件検索サイト「StreetEasy」で時間をかけて探したといい、不動産業界で頑張る人々を尊敬しているとしつつ、「頑張ったのは私」とブローカーの仲介手数料のあり方にも疑問を示した。

仲介手数料に新たな規制の可能性

StreetEasyなどの検索サイトを使って自分で物件を見つける入居希望者が増える中、ニューヨーク市議会で6月、借主や貸主の立場に関わらずブローカーを雇った側に仲介手数料の支払いを義務付ける法案が提出された。

ニューヨークのブローカーの典型的な仲介手数料は1ヶ月分、または年間賃料の8.5%~15%と言われている。

不動産業界の関係者からは、家主にかかった費用は賃料に転嫁されるだけだと反対がある一方、専門家からは市場の透明性が高まるとの期待の声も上がっている。

地元メディアによると、法案を提出したチ・オッセ議員は、年間の賃料に再配分されるほうが、初月の賃料とセキュリティデポジットに加えて15%を支払うよりも「テナントにとって乗り越えやすい障害」だとしている。

法案は市議会議員の過半数の支持を確保したと伝えられており、議会を通過する見込みが高い。

マンハッタンの平均家賃80万円!?

不動産コンサルティング会社ミラー・サミュエル・ダグラス・エリマンの報告によると、マンハッタンの7月の平均家賃は月額5,588ドル(79.75万円 1ドル=142.72円)となり、過去最高を記録した。中央値と1スクエアあたりの家賃はそれぞれ4,400ドル/月、84.74ドル/月で、ともに最高となった。

最高記録を上回るのは過去5ヶ月間で4度目。ミラー・サミュエル氏は、新学年を前に引っ越しする家族の需要が高まる8月はさらに上昇すると予測を示している。