Advertisement
ホームニュースCOVID-19ワクチン未接種の患者お断り...

ワクチン未接種の患者お断り 医師の判断に賛否

フロリダ州サウスマイアミのプライマリケア医、リンダ・マラチーニ氏は、患者らに宛てた手紙で、今後はワクチンを接種していない患者への対面診療を停止すると伝えた。

地元メディアによると、マラチーニ氏は手紙で、ファイザー製ワクチンが政府に正式に承認されたとした上で、「今後は患者やスタッフを不必要なリスクを負わせることはできない」と説明。9月15日以降、ワクチン未接種の患者へのサービスを打ち切ると述べた。

マラチーニ氏は「これは公衆衛生上の緊急事態で、この状況では、個人の特定の権利よりも公衆の衛生が優先される」とも主張。「無私無欲や、健康および社会の幸福に対する関心の欠如があるようだ」と述べた。

医学的理由でワクチンを接種できない場合は申し出るよう求めつつ、これまでの診療では、そのような患者は一人もいないと加えた。未接種の患者には、他の医師が見つかるまで、1カ月間は遠隔診療を提供するという。

感染力の強いデルタ株の感染拡大に伴い、米国全体で新規感染者数が再び増加している。5日時点の7日間の新規感染者数の平均は16万人で、死者数は1,500人を超えた。フロリダ州は、感染が急拡大している州の一つで、7日間平均の新規感染者数は、テキサス州に次いで全米で2番目に多い。

マラチーニ氏の判断に、ネットでは「この立場をとる医師を支持する。病院も方針を明確にするべきだ」「100%正しい。ワクチンを受けた患者に、ICUのベッドを優先的に使用するべき。マスクやワクチンに反対する人々は、利己的な振る舞いの責任を負うべきだ」など、賛成を示す声が多くある一方で、「医師の仕事は目の前の患者を治療することにつきる」「彼女が話すような政策を決定するのは公衆衛生の専門家で、彼女の仕事ではない」「同意できない。助けを人々が必要としているならば、可能な限り安全な方法で治療を施すべき」「ヒポクラテスの誓いに反する」と批判的なコメントも寄せられている。

批判について、マラチーニ氏はニューズウィークの取材で、ヒポクラテスの宣誓は予防を強調していると主張。自身の患者の中には、免疫不全や化学療法を受けるなど、コロナが重症化または死亡するリスクが高い人々がおり、ワクチン未接種の人々への暴露を制限することで、これらの患者を危害から保護できると説明した。

先月はアラバマ州の医師がワクチン未接種の患者への診療をしないと宣言し、話題となった。サウスフロリダでは8月下旬、ワクチン未接種者の入院患者が急増していることを受け、約75人の医師がストライキを実施。医師らは士気の低下やリソースの減少を招いているとして、住民にワクチンを接種するよう呼びかけた。

批判の中には、フロリダ州の法律に違反するとの声もある。

ロン・デサンティス知事は今年5月、事業者や政府、教育機関が利用者にワクチン接種の証明を求めることを禁じる法案に署名した。9月16日以降、違反者には5,000ドルの罰金が科される。

なおUSA Todayは、法がマラチーニ氏のケースに適用されるか不明だとしている。

TOP STORIES

What's New