4月にフロリダ州マイアミの高級コンドミニアムで男性が殺害された事件で、マイアミデード連邦検事局は11日、交際相手だったモデルのコートニー・テイラー・クレニー(Courtney Tailor Clenney)(25)を第二級殺人罪で起訴した。

クレニー被告は、アダルト系コンテツが人気の月額制オンラインプラットフォームOnlyFansで活躍していた。Instagramでも200万人以上のフォロワーがいる。

事件が起きたのは4月3日。被告は、クリスチャン・オブムセリ(Christian Obumseli)さん(27)の胸部を刃物で刺し、死亡させた。地元警察は事件後の発表で、2人は「殴り合いのけんか」をしていたことから、「家庭内暴力の事件」としていた。

クレニー被告は警察の調べに対し、壁に向けて突き飛ばされた後、ナイフを手にしたと説明。その後、交際相手にナイフを投げつけたと供述していた。TMZが入手した映像では、現場で警察に手錠をかけられたクレニー被告が、血まみれの状態で、質問に答える様子が撮影されている。

クレニー被告は正当防衛を主張したが、遺族は「根拠がない」と否定。「強い道徳観と信念を持った家庭で育てられた。そのような人物ではない」と語っていた。

マイアミデード郡のキャサリン・フェルナンデス・ランドル検事は11日の記者会見で、被害者の胸の傷の深さは8センチ近くあり、刃物の角度も若干下向きであったことから、ナイフを投げつけたことによる傷とは考えられないと指摘。被告の事件に関する説明には「一貫性がなかった」と話した。

暴行を受けたことを裏付けるような傷は見当たらず、実際は加害者だったと語った。

2人は今年1月に移り住んだコンドミニアムで、大げんかを繰り返しており、近隣住民から苦情が寄せられていた。立ち退きを求められたこともあったという。

事件の2カ月前、エレベーターの監視カメラの映像には、被告がオブムセリさんを繰り返し殴る姿も撮影されていた。

2人は2020年後半から交際しており、その間にテキサス州オースティンからフロリダ州へと移住した。Peopleによると、交際期間中にクレニー被告はラスベガスで家庭内暴力で逮捕されたほか、オースティンでも警察沙汰になったことがあった。

ランドル検事は、2人の関係は「極めて闘争的なもの」だったと語った。

被告は事件後、ハワイに移住し、薬物乱用やPTSDの治療を受けていたという。10日、ラウパホイホイにいたところ、ハワイ警察によって拘束された

代理人のフランク・プリエト弁護士はマイアミヘラルドに対する声明で、「われわれは捜査に協力的で、訴追された場合は、自首する予定だった。非常に衝撃を受けている」と捜査当局の対応を非難。「裁判で身の潔白を証明する」と語っている。