ホーム ニュース ニューヨーク NYミッドタウンで大規模停...

NYミッドタウンで大規模停電。原因や影響は?ブロードウェイ公演も中止

ニューヨークのマンハッタンで13日、夕方大規模な停電が発生。電力会社コン・エディソン(Con Edison)によると、停電は午後6時47分頃発生し、約7万3,000契約者が少なくとも3時間影響を受けたと発表した。停電エリアは、5番街とハドソンリバー間の72ストリートからウエスト40ストリートに及ぶ。

原因について、コン・エディソンのジョン・マカヴォイ(John McAvoy)会長兼CEOは、ウエスト49ストリートの変電所で、機械故障が発生したと述べたが、詳細については現在調査中としている。

州と市は事故調査を要請

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)州知事は原因について、変電所の電力喪失と機能不全による爆発及び火災発生によるものと述べた。
変電所の問題は今回が初めてではない。クオモ州知事は、今回発生した事態は容認できないとし、公共局で故障の調査を実施すること明らかにした。

- Advertisement -

大統領選の民主党予備選に出馬中のビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長は、キャンペーン活動のためアイオワ州に滞在していたが、「テロリズムや犯罪行為によるのものではない。」と明らかにした。

ニューヨーク市消防局(The New York City Fire Department)にはマンハッタンのみで約1,000件の通報が寄せられた。そのうち750件はエレベーター内に閉じ込められたという内容だった。怪我人はいないという。

ニューヨーク地下鉄も一時運行を停止したが、土曜日の午前2時には全線で再開した。

信号も消えたため、市民が交通整備を行う場面も見られた。

ブロードウェイ公演はキャンセルに

NYタイムズによると、ブロードウェイ・ミュージカルは30公演のうち少なくとも26公演が中止となった。先月トニー賞で最優秀ミュージカルを受賞した「ヘイディスタウン」(Hadestown)や「カム・フロム・アウェイ」(COME FROM AWAY)、「ウェイトレス」などの役者が、劇場の外で、観客向けに即興パフォーマンスを行う様子がSNSに投稿されている。

カーネギーホールもコンサートも中止されたが、出演者らが会場前でパフォーマンスを行った。

ジェニファー・ロペス(Jennifer Lopez)がコンサートを開催していたマディソン・スクエア・ガーデン(Madison Square Garden)でも午後9時半頃、停電が発生。観客は避難を余儀なくされた。

ニューヨークでは42年前、1977年の同日にもマンハッタンで大停電が発生している。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES