黒人男性から自転車横取りと非難受けた女性 レンタル費用支払っていた

58

ニューヨークで黒人男性からレンタル自転車を奪おうとしたとして非難を浴びた女性の弁護士が、女性は実際にレンタル費用を支払っており、彼女のものだったと反論した。

問題が起きたのは、市内で広く普及しているシェアサイクル「Citi Bike」の駐車設備の一つ。13日にSNSに出回った動画には、自転車のハンドルを握る黒人男性の隣で、NYCヘルス+ホスピタルズ・ベルビュー病院のユニフォームを着た女性が自転車にまたがり、大声で「ヘルプ!」「どうか私を助けて!」と繰り返し叫ぶ様子が撮影されている。一方の男性は自分がレンタルしたものだと主張。女性は泣くような素振りを見せたが、同じ制服を着た男性が間に入り、何かを助言した後、冷静さを取り戻し、諦めたような表情で自転車を手放した。

動画は4,000万回以上再生されるなど大きな反響を呼び、「医療カレン」「Citi Bikeカレン」といったニックネームとともに非難が殺到。著名な人権弁護士、ベン・クランプ氏も「彼女は、この男性を脅威として描くために、涙を武器にしようとした。多くの黒人男性を危険にさらした、まさにそのような行動だ」と非難の声に加わった。

女性の弁護士、ジャスティン・マリーノ氏は、証拠としてレンタル費用を支払ったレシートがあるとしている。レシートの提供を受けた米メディア、インサイダーは、女性が専用アプリで支払い、自転車の認識番号も一致していることを確認したと報じた。

マリーノ氏は同サイトに、黒人男性は、同じ自転車の料金を自分が支払ったと主張し、施錠が解除された自転車をドックに戻したと説明。「彼女は予約していたのに、彼らは自転車をドッキングステーションに押し戻し、二度と取り出せないようにしたのだ」と述べ、「彼女が自転車を盗む罪を犯したと責めたもの皆が、とんでもないことだ」と非難した。

Advertisement

なお病院側は、この問題を調査する間、女性を休職にしたことを明らかにしている。

現在、クラウドファンディングサイトのGoFundMeで、女性を支援するキャンペーンを立ち上がっている。発起人は女性のいとこで、「彼女は妊娠6ヶ月の献身的な医療従事者で、人種的正義と公平性を大切にしており、ニューヨーク市で最も困難を抱えた人々に奉仕することに人生を捧げてきた」と説明。寄付金は「生活と名声を守るための法的費用」に充てるとしている。キャンペーンには現時点で、4万5,000ドルを超える金額が集まっている。