70年前に出会った日本人女性に伝えたい 91歳退役軍人の切実な想い

朝鮮戦争で日本の米軍基地に駐留した海軍の退役軍人が、70年の時を経て、当時出会った日本人女性を探している。

フェイスブックに切実な想いを投稿したのは、アイオワ州在住のデュアン・マン(Duane E Mann)さん(91歳)。投稿された内容によると、マンさんは1953年から54年にかけて、横須賀基地と羽田国際空港で軍務を行った。「海軍連絡将校として、空軍の下士官クラブに出入りするのに十分な階位」にあったマンさんは、空いた時間に、クラブで守衛やスロットマシーンの修理係の仕事をしており、ここでコート係をしていた日本人女性の”ペギー・ヤマグチ”さんと出会った。

二人は一緒にダンスをするなどして多くの時間を過ごすうちに意気投合。出会ってから半年もしないうちに恋に落ち、結婚の計画するまでの仲に発展した。

1954年の9月に除隊されるはずだったが、急遽予定が早まり、6月に米国への帰還を命じられた。通知から1週間以内に日本を離れるというもので、突然の別れを告げられたヤマグチさんは、飛行機に搭乗するマンさんを涙で見送った。この時、ヤマグチさんはマンさんの子供を身ごもっていたという。

国に帰れば仕送りをするのに十分な貯金があると、ヤマグチさんに約束をしてアイオワの自宅に戻ったが、予期せぬ事態が待ち受けていた。戦死した場合に備え、親の名義で用意していた貯金を、父親が全額使い込んでしまっていた。

マンさんは、ヤマグチさんに手紙で事情を明かし、職を見つけ次第、仕送りをすると説明。その後、幹線道路の工事会社で働き始めた。

家から遠く離れた場所で仕事をすることもあったため、ヤマグチさんからの手紙は実家に届くようにしていたが、一ヶ月ほど経つと手紙が途絶えた。それから3ヶ月ほど経ったある日、妹からヤマグチさんから届いた一通の手紙を渡されたが、そこには、他の空軍の軍人と結婚をして、子供を流産したと書かれていた。さらに、マンさんは、日本人女性との結婚を望んでいなかった自身の母親が、ヤマグチさんからの手紙を破棄していた事実を知ったという。

この時、両親を怒る気になれないほど「完全に途方にくれた」というマンさんは、以来70年間、ヤマグチさんを探してきた。「彼女は私に捨てられたと思ったに違いない」といった念がずっとつきまとっているという。

91歳になったマンさんは「思い返せば、状況に異なった方法で対処し、問題を解決できただろう」と後悔を示す一方で、「この最後の投稿が、ペギーや彼女の家族に届くほどにシェアされることを心の底から願っている」と、投稿の目的を説明。「この写真から彼女を知る人が現れて、私に連絡してくれることを願っている」と訴えた。

マンさんは9日、ローカルテレビのインタビューに答え、当時の思い出とともに、ヤマグチさんに真実を伝えたいと願いを語った