ホームニュースハリケーン「ドリアン」最強...

ハリケーン「ドリアン」最強のカテゴリー5でバハマ諸島に上陸

ハリケーン「ドリアン」(Dorian)は1日午後、最大勢力であるカテゴリー5となって、バマハ諸島のアバコ島(Abaco Islands)のエルボー・ケイ(Elbow Cay)に上陸した。

国立ハリケーンセンター(NHC)は、最大風速は83メートル(185mhp)に達したとし、「破壊的な突風を伴う、壊滅的なストームとなった。」と発表。「命の危険が及ぶ」状態としている。
ドリアンは1935年に発生したハリケーン「レイバーデー」(Labor Day)と同じ強さを記録した。

その後、アバコ島のマーシュ・ハーバー(Marsh Harbour)に再上陸し、時速11キロメートル(7マイル)でゆっくりと西側に進んでいる。

アバコ島からは、壊滅的な被害を受けた町の様子がSNSに投稿されている。

ドリアンは、今晩もしくは月曜にバハマ諸島を通過し、月曜遅くから火曜にかけて、フロリダ半島の東沿岸に最接近する。

当初予想されていたフロリダ州への上陸は免れる可能性が高いが、東海岸の沿岸に沿って北上すると予想されている。

フロリダ州では28日、フロリダ州全域に非常事態宣言を出した。ロン・デサンティス知事は、上陸がない場合も、ハリケーンによる高波が洪水をもたらす可能性があるとして警戒を呼びかけている。

1992年にフロリダ州を襲ったカテゴリー5のハリケーン「アンドリュー」(Andrew)は、44人が死亡。被害額は270億ドルに達した。
アンドリューは速い速度で移動したが、ドリアンは速度が遅いため、大雨や洪水被害をもたらす可能性がある。

フロリダ州だけでなく、ジョージア州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州でハリケーンの影響を受けると予想されている。

ジョージア州のブライアン・ケンプ(Brian Kemp)知事も複数の郡に非常事態宣言を出し、警戒を呼びかけた。

あなたにおすすめ

TOP STORIES