ホームニュース大麻が新型コロナの治療薬に...

大麻が新型コロナの治療薬に?米研究

米研究によると、大麻草(カンナビス・サティバ)に含まれる成分が、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染予防や、治療に効果を発揮する可能性があるという。NBCニュースが報じた

研究は、オレゴン州立大学のリーナス・ポーリング研究所のリチャード・バン・ブレーメン(Richard B. van Breemen)博士らが実施。ジャーナル・オブ・ナチュラル・プロダクトに掲載された。

報道によると、大麻に含まれるカンナビゲロール酸(CBGA)とカンナビジオール酸(CBDA)、テトラヒドロカンナビノール酸(THCA)が、臓器などの細胞への「侵入阻害剤」となり、新型コロナの感染を防止するなどの役割を果たす。

ブレーメン博士は声明で、CBDAなどが「ウイルスのスパイクタンパク質に結合すると、これらのタンパク質は、(ウイルス受容体の)アンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に結合することはできない」と説明している。

またこれらの物質は、「新型コロナウイルスの変異株であるアルファ株と、ベータ株にも有効」であり、ほかの変異種に対する効果も期待できるという。

ブレーメン博士は、これらの活性化合物は「前駆体」であり、消費者に知られているCBDやCBG、THCとは異なると強調した。

Viceの取材に対し、CBDAやTHCAは「喫煙やベイプの使用により、熱が加わることで、化学分解されたり、CBDやTHCなどに変換される可能性がある」と指摘。経口摂取が望ましいと説明している。なお、CBDやCBG、THCは、新型コロナの感染予防に有効ではない。

今後は、効果的な投与量について研究を続けるという。博士は、新型コロナウイルスの治療に、大麻草の抽出物が使用されるのを、心待ちにしていると語った。

TOP STORIES

What's New