ホーム ニュース 政治 デブラシオNY市長 202...

デブラシオNY市長 2020年大統領選出馬を正式表明

ニューヨークのビル・デブラシオ(Bill de Blasio)市長は16日、2020年大統領選への出馬を正式に発表した。

この日に合わせて公開したキャンペーンビデオでは「この世にはお金が溢れており、この国にはたくさんのお金がある。ただ誤った者の手に渡っているだけだ」と語りかけた。

さらに、最低時給15ドルや有給病気休暇制度、ニューヨークの全住民を対象とした包括的医療保障制度(NYCケア)、無料のプリスクールプログラムといった実績を強調。トランプ大統領について「私はニューヨーカーで、トランプ氏の横暴は長い間知っており、新しいことではない。彼との戦い方を心得ている」、「これまで彼を打ち負かしたように、もう一度やってみせる」と述べた。

- Advertisement -

市長は同日、ABCの朝の報道・情報番組「Good Morning America」に妻のシャーリーン・マクレイ(Chirlane McCray)さんと出演。トランプ大統領を「出任せばかりのドン」と呼び、「政府が労働者の側に立っていないのは、ドナルド・トランプ氏が大きなペテンを働いているからだ」と語った。

ニューヨークでの出馬に対する支持が低いことについて「調査はスタート地点ではなく、終着地点だ」とし、キャンペーンを通じて有権者に語りかけていくと述べた。4月に実施したクイニピアック大学(Quinnipiac University)の世論調査では、市民の76%が大統領選の出馬に反対するという結果となっている。

放送中、外にはプラカードを手にした抗議の集団が集まり、「嘘つき」「労働者の友人ではない」といった掛け声とともに、抗議活動を行った。

©mashup NY
©mashup NY

ニューヨーク市でブラック・ライヴズ・マター運動を率いる、ホーク・ニューソン(Hawk Newson)氏は、不支持を表明するとともに、今週スタートした、2014年のエリック・ガーナー氏窒息事件の警察官の処分に関する裁判と出馬表明が重なったことに触れ、アメリカ人を「馬鹿にしている」と批判した。

©mashup NY

トランプ大統領も朝一番でツイートした。

「民主党にまたもう一人いい仲間が加わった。米国で最悪と目されるビル・デブラシオNY市長が今日、出馬表明をする予定だ。冗談のようなものだが、高い税率と犯罪率が好きなら、彼は君にとってふさわしい候補者だ。NYCは彼が嫌いだ!」

TOP STORIES

Recommended stories