ホーム ニュース エンターテイメント 第58回NY映画祭センター...

第58回NY映画祭センターピース作品は、クロエ・ジャオ監督「ノマドランド」

フィルム・アット・リンカーン・センター(Film at Lincoln Center)は27日、第58回ニューヨーク映画祭(NYFF)のセンターピースセレクションを発表した

選ばれたのは、中国出身のクロエ・ジャオ(Chloé Zhao)監督の「Nomadland」(ノマドランド)。
経済が崩壊したネバダの田舎町を舞台に、主人公のFernが現代の遊牧民として、社会規範から外れた生き方を模索する物語。
『スリー・ビルボード』で2度目のアカデミー主演女優賞を獲得したフランシス・マクドーマンド(Frances McDormand)とデヴィッド・ストラザーン(David Straithairn)が主演を務める。

ノマドランドは、ジェシカ・ブルーダー(Jessica Bruder)の同名のノンフィクション「Nomadland: Surviving America in the Twenty-First Century」(2017)を映画化した作品。
作品は「アメリカ経済の根底にある闇を描いた、圧倒され、目を見張るような物語で、我々を待ち受ける不安定な未来を暗示するものだ。その一方、”アースシップ”を建てる土地を夢見る(主人公の)リンダ・メイのように希望を捨てず、生き残りをかけ、通常の定住を諦めた典型的なアメリカ人の、並外れた回復力や創造性をたたえた作品」と紹介されている。

- Advertisement -

映画には、原作に登場するリンダ・メイ(Linda May)やスワンキー(Swankie)、ボブ・ウェルズ(Bob Wells)らも出演しているという。

ニューヨーク大学で映画を学んだジャオ氏の作品がNYFFで上映されるのは、今回が2回目。2017年には「The Rider」(ザ・ライダー)が上映された。なおジャオ氏は、来年2月公開予定のアンジェリーナ・ジョリー出演のマーベル映画「The Eternals」(エターナルズ)でメガホンを取っている。

NYFFは9月25日から10月11日までの開催を予定しているが、ノマドランドの上映日については決定していない。状況に応じて、映画館とデジタル上映を組み合わせた形式での開催を検討している。なお同作品は9月、トロント映画祭とヴェネチア映画祭で上映される。

TOP STORIES

Recommended stories