ホーム ニュース ハリケーン「ドリアン」週末...

ハリケーン「ドリアン」週末にカテゴリー4でフロリダ半島直撃か

28日にカリブ海を通過したハリケーン「ドリアン」(Dorian)は、土曜日の午後から夜にかけて勢力を増し、カテゴリー4(最大はカテゴリー5)となり、フロリダ州東沿岸に上陸することが予想されている。

国立ハリケーンセンター(NHC)によると、現在カテゴリー1のドリアンは金曜日までにカテゴリー3に勢力を発達させ、翌日のフロリダ半島への上陸時には、最大風速58m/s(130mph)から70m/s(156mph)のカテゴリー4となる可能性がある。

NHCは29日、フロリダ州東沿岸では、生命を脅かす高潮と、壊滅的な被害をもたらす突風が生じる可能性があると警告を発した。

フロリダ州の一部で非常事態宣言

- Advertisement -

フロリダ州のロン・デサンティス(Ron DeSantis)知事は28日、ハリケーンの進路となる26郡に対し、非常事態を宣言した。デサンティス知事は、全住民は災害に備え、7日分の食料品や水、薬などの生活必需品を用意するよう命じた。

abcニュースによると、ドリアンが最大風力55m/s(125mph)カテゴリー3で上陸した場合、1992年のハリケーン「アンドリュー」(Andrew)以来の強さとなる。

地元の食料品店やホームセンターでは、すでに長蛇の列ができているようだ。

ケネディ宇宙センターはハリケーン上陸に備え、発射台を移動させている。

なお、ハリケーンの進路であるパームビーチにはトランプ大統領の別荘マーアラゴ(Mar a Lago)があり、こちらにも米国民の関心も高まっている。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES