ホームニュース事件・事故ウーバー咳かけ&ペッパース...

ウーバー咳かけ&ペッパースプレー事件、女2人を逮捕

アジア人のウーバー運転手が、乗客からペッパースプレーをかけられた事件で、サンフランシスコ警察は14日、Arna Kimiai容疑者(24)の身柄を拘束したと発表した

事件があったのは7日午後12時過ぎ。運転手のSubhakar Khadkaさんはサンフランシスコで3人の乗客を乗せた。しかし、このうちの1人がマスクを着用していなかったため、数分後に車を停めて降りるよう求めると、車内で口論となった。

Khadkaさんが撮影した動画には、Kimiai容疑者が大声を出して、Khadkaさんに咳をかけたり、携帯電話をひったくろうとしたりする様子が撮影されている。これに加え、警察は、降車後にもう1人の乗客が、窓からペッパースプレーとみられる液体を車内に吹きかけたと発表していた。

- Advertisement -

Kimiai容疑者には強盗や脅迫暴行、共謀、衛生および安全規則違反の容疑で逮捕令状が出されており、11日の時点で弁護士を通じて出頭する意思を示していた。

16日、地元テレビ局KPIX5は、Kimiai容疑者が7万5,000ドルの保釈金を支払い、身柄を解放されたと報じている。

Kimiai容疑者は、出頭前にSNSに投稿した動画で、ウーバーを提訴すると話している。途中で下車させられたことに不満を述べつつ、「だから私はリフトを利用するんだ」などと語っている。

なお、事件後、ウーバーに加えてリフトも、Kimiai容疑者を利用禁止にしたと発表している。

もう1人の容疑者、マレーシア・キング(Malaysia King・24)はラスベガスで9日に別件で逮捕された。15日に出廷した際、サンフランシスコで刑事処分を受けることに同意したと報じられている。キングには、脅迫暴行、共謀、衛生および安全規則違反に加えて、化学薬品を使って攻撃した疑いがかけられている。

ラスベガスの事件では、9日午後3時頃に、バンク・オブ・アメリカで偽のIDを使用して送金しようとしたとして、一緒にいた男とともに逮捕された。

男とキング容疑者の提示した銀行カードが、両方とも偽物だと気付いた行員が、警察に通報した。男は警察に、キング容疑者から行員に話す内容を指導されたと説明しているという。

なお警察は、3人目の乗客は容疑者とみなしていないと話しているという。

SourceKPIX05

あなたにおすすめ

TOP STORIES