ホリデーギフト店&フードベンダーが集うブライアントパーク「ウィンタービレッジ」

ニューヨーク冬の風物詩「バンクオブアメリカ・ウィンタービレッジ」(Bank of America Winter Village)が10月27日より、ミッドタウンのブライアントパークでオープンする。
秋から年末まで、ホリデーマーケットでのショッピングや、アイススケート、旬のベンダーが集うフードマーケットは、子供から大人まで楽しむことができる。

©mashupNY
©mashupNY
©mashupNY

ホリデーショップ

アクセサリーやクリスマスオーナメント、キャンドル、フレグランス、アート作品など冬のギフトにぴったりの商品を販売する。
日時:2018年10月27日〜2019年1月2日
午前11時から午後8時(月-金)、午前10時から午後8時(土・日)

©mashupNY

リンク

ウィンターヴィレッジ ブライアントパーク
©mashupNY
17000平方フィートのスケートリンク場では、入場無料でスケートが楽しめる。
スケート(20ドル)やヘルメット(6ドル)もレンタル可能なので、旅行者でも楽しむことができる。
日時:2018年10月27日~2019年3月ごろ

ロッジ

フードホールを展開するアーバンスペース(Urbanspace)がフードベンダーを出店する。

©mashupNY
©mashupNY
店舗一覧
The Lodge Bar
The Lodge Biergarden
Casa Toscana
Champagne Bollinger
Duck Season
Good Stock
Mah-Ze-Dahr
Mayhem
Smokehouse
Pierogi Boys
Squish S’mores Bar
The Stackery
Todaro Bros
Urbanspace Info Kiosk

クリスマスツリー

クリスマスツリーの点灯式「Tree Lighting Skate-tacular」は、12月4日(火)午後6時に開催される。

©mashupNY

公式サイト:bryantpark.org