Advertisement
ホームニュースセレブアカデミー賞で平手打ちのウ...

アカデミー賞で平手打ちのウィル・スミス、オスカー剥奪の可能性指摘する声も

27日に開催されたアカデミー賞授賞式の最中、妻の病気をネタにしたプレゼンテーターのクリス・ロックを平手打ちしたウィル・スミス。ロックのジョークに非難の声が上がる一方で、映画芸術科学アカデミーが、何らかの処分を検討すべきだとの意見も寄せられている。

業界の情報筋はニューヨークポスト紙に対し、ウィル・スミスの行為は「基本的に暴行」と指摘。「会場の皆が衝撃を受けた」と語った。さらに「彼はオスカーを返還したくないと思っているだろうが、今や何が起きるかは分かっているだろう」と述べ、処分が下される可能性を示唆した。

同紙によると、アカデミーはハリウッドのセクハラ・キャンダルをきっかけに、2017年に行動規範を公表している。アカデミーの会員は「人間の尊厳や包括性、創造性を育む支援環境を尊重するアカデミーの価値観を保持し、論理的に行動」することが求められるという。

業界からは、「平手打ち」に対する批判も寄せられた。ジャド・アパトー監督はSNSで「殺していたかもしれない。あれは、ただ怒りが制御できなくなっただけで、暴力だ。彼らは30年も業界にいて、100万ものジョークを聞いている。ハリウッドやコメディ界の新入社員ではない。正気を失った」とウィル・スミスを非難した。(現在はツイートは削除されている)。

全米製作者組合の名誉会長マーシャル・ハースコビッツ(Marshall Herskovitz)監督は、「コミュニティの面目を失わせた」として、アカデミーに懲戒処分するよう求めた。

ハースコビッツ氏は、ウィル・スミスの受賞スピーチのスタンディング・オベーションに対しても、「オスカーの94年の歴史で初めて暴行があった後、人々は立ち上がり、拍手喝采した。臆病者」とゲストを非難している。

ウィル・スミスがオスカーを剥奪される場合、性的暴行で有罪判決を受けたプロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインや、ロマン・ポランスキー監督、メル・ギブソンなども剥奪すべきだという声も寄せられている

なおアカデミーは28日未明、「いかなる暴力も許されない」と声明を発表した。E!ニュースによると、ウィル・スミスの「行動を非難」した上、「事件に関する正式な調査を開始する」と発表。アカデミーの定款や行動基準、カリフォルニア州の法律など従った結果、さらなる措置を検討する可能性を示唆した。

ロサンゼルス市警察は、授賞式の最中に起きた事件を認識しているとしつつも、「関係者は警察に被害届けを提出するのを拒んだ」と回答。後日、どちらかが提出を希望した場合、対応すると話している。

TOP STORIES

What's New