ホーム ニュース アート ホイットニー美術館 アンデ...

ホイットニー美術館 アンディ・ウォーホルの大規模回顧展「From A to B and Back Again」

ホイットニー美術館(The Whitney Museum)では、ポップアートの巨匠、アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)の回顧展「Andy Warhol — From A to B and Back Again」を11月12日より開催する。

同エキシビジョンは、1989年にニューヨーク近代美術館(MoMA)が開催した回顧展以来、過去最大規模の展覧会となる。ホイットニー美術館にとっては、2015年に現在のガンズボート・ストリート(Gansevoort Street)に移転して以来、単独のアーティストに焦点を当てた展示会としては、過去最大規模となる。

展覧会では、1950年代に商業イラストレーターとして活躍した時期から、60年代のアイコニックなポップアートやポートレイト作品、80年代の晩年の作品まで約350点を紹介する。

- Advertisement -

キュレーターは、 International Initiativesの副部長でシニアキュレーターのドナ・ディ・サルヴォ(Donna De Salvo)らが務めた。

今年は、アンディ・ウォーホルの生誕90年にあたる。8月6日には、同美術館で誕生日を祝うイベントが開催された。ホイットニー美術館のチーフ・キュレーター、スコット・ロスコフ(Scott Rothkopf)氏は、「私たちは彼の誕生日を祝っていますが、実は、彼は誕生日を祝福されるのがとても嫌いだっのです。事務所で働く人には、もし誰かが誕生日のことに触れたらクビにするからな、とクギをさすほど嫌っていたようです。」と、アンディ・ウォーホルの秘話を明かした。

Andy Warhol — From A to B and Back Again

時期:2018年11月12日〜2019年3月31日
公式サイト

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES