ベセルカ Veselka

1954年創業のウクライナ料理レストラン。開店当初は小さなコーヒーショップとしてオープンした。ウクライナ語でレインボーを意味する「Veselka」は、イーストヴィレッジのランドマークともいえる人気店。

ベセルカ Veselka
©mashupNY

ビーツなどの野菜をたっぷり使ったスープのボルシチや、ハンドメイドで作るウクライナ餃子のピエロギ(pierogi)、ポークソーセージのキールバーサ (kielbasa) 、煮込み料理のビゴス(Bigos)など、オーセンティックなメニューを提供する。

一般人からの評価を元にしたガイド、ザガット(Zagat)で紹介されているほか、ニューヨークタイムズ、ニューヨークマガジン、タイムアウトNYなど多くのメディアで紹介されている。

スタッフも大変フレンドリーで、アットホームな雰囲気の店内。ブレックファーストメニューは10ドル、ブランチやメインメニューも15-20ドル前後の手頃な価格のため、週末には多くの客で行列ができる。

ベセルカ Veselka
©mashupNY

伝統的なウクライナ料理

ベセルカで提供している人気のウクライナメニューを紹介。

1日中提供されているブレックファーストメニュー。ポークソーセージのキールバーサ (kielbasa) とほうれん草入りのオムレツに、細切りのポテトを揚げたポテトパンケーキ添え。

ベセルカ Veselka
©mashupNY

ブルーベリーがたっぷり入ったパンケーキにソーセージ添え。朝食メニューには、アメリカンコーヒー、紅茶、もしくはオレンジジュースがついてくる。

ベセルカ Veselka
©mashupNY

エッグヌードルの上に盛り付けられたビーフストロガノフ(beef stroganoff)。

毎日ハンドメイドで3000個作られるという、ウクライナ餃子のピエロギ(pierogi 写真上)とロールキャベツ(Stuffed cabbage 写真下)、デザートメニューのクレープ(blitzes)。

仔牛のグヤーシュ(Veal goulash)

上記以外に、マッシュルーム・グレービーソースが添えられたミートボールや、ローストポークやキールバーサ (kielbasa)などを煮込んだシチュー、ビゴス(Bigos)も人気のメニュー。

映画のロケ地にも

2017年夏には、2018年6月8日米公開予定の映画「オーシャンズ8」の撮影が行われた。
サンドラ・ブロック(Sandra Bullock)とケイト・ブランシェット(Cate Blanchett)が食事をするシーンで同店が使用されている。

ベセルカ Veselka

住所:144 2nd Ave, New York, NY 10003
電話: (212) 228-9682
24時間営業。ブランチはウィークエンドの9am-4pm。