ホーム ニュース エンターテイメント 手と足が3本!? バニティ...

手と足が3本!? バニティフェアー写真加工ミス

相次ぐセクハラ被害の告発に揺れるハリウッド。そんな業界のドタバタぶりを表すような表紙が話題となっている。
米バニティフェアー(Vanity Fair)誌の「ハリウッド特集」は、今年注目のスターたちが登場する毎年恒例の人気企画で、今年で第24回目となる。

今年は、ゴールデングローブ賞で感動的なスピーチが話題となったオプラ・ウィンフリー(Oprah Winfrey)を始め、「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」主演のトム・ハンクス(Tom Hanks)、ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜」が好評のニコール・キッドマン(Nicole Kidman)やリース・ウィザースプーンが勢ぞろいした。表紙には、フォトグラファー、アニー・リーボヴィッツ(Annie Liebowitz)撮影による写真が起用された。

足が3本、手が3本???

- Advertisement -

25日、特集の写真が公開されるやいなや、リースには足が3本、オプラには手が3本あると写真の加工ミスの指摘が相次いだ。

リース・ウィザースプーンは足を組んだ2本と、スカートの間に垂直の足が1本あるように見える。

オプラ・ウィンフリーは、腰と膝の上、リースの腰にまわした手、明らかに3箇所写っている。

リースとオプラは、各々自ら足が3本、手が3本あることを認めるわとジョークを投稿。

騒ぎを受け、バニティフェアーはツイートで疑惑を解明した。
オプラの手は間違いだと認め、オンラインは修正後の写真に差し替えた。また、リースの方は、スカートのドレープが足に見えているだけと説明した。

完全に消された俳優も

ハリウッドレポーター(The Hollywood Reporter)は、ジェームス・フランコ(James Franco)も撮影に参加していたが、少なくとも5人の女性に対するセクハラ疑惑が浮上したために、バニティ・フェアが消去を決定したと報じた。

ジェームス・フランコは、「ザ・ディザスター・アーティスト」(The Disaster Artist)で監督と主演を務め、ゴールデングローブ賞では、主演男優賞を受賞したが、アカデミー賞のノミネートは選外となっている。

アカデミー賞授賞式は3月4日(日)開催

2018アカデミー賞ノミネーション作品が発表 今年の見所は?

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES